合法的に借金をチャラにする。時効の援用。

この前借金についての記事を書いたが、今日はそれに関連したテーマだが、合法的な借金の踏み倒し方法のひとつである「時効」について書こうと思う。

時効とは??

時効というと悪いことしても警察に長い間捕まらなきゃ逃げ切れる的なイメージがあるかもしれないが、借金における時効とは、貸してる側が請求もせずなにもしないでいて、ほっといてるような場合、それを保護しないという制度だ。法律的には消滅時効という。

それで時効の期間っていうのはだいたい5年から10年。
個人間の借りた金は10年。銀行とかサラ金である金融業者から借りた金は5年とされてる。ただし金融業者でもそれが会社じゃなく個人だったら10年だし、あとは信用組合とか住宅金融支援機構の住宅ローンなんかも業者っぽくはあるが、商売とはみなされていないってこと10年とされてる。これは法律というより裁判でそういう判断が下った。いわゆる判例ってやつだ。

それと借りた金払え!っていう裁判をされた場合も時効は10年になってしまう。
業者も5年で時効になってしまうから、そうならないように裁判をするところもあるかもしれない。

まあ貸し金業者もいちいち裁判なんかしてたらキリがないのでほとんどはやらないが。たまにやるとしたら、よほどその貸してた相手をとっちめてやりたいとか担当者個人的な感情からやる場合か、もしくは借りてる側がいい会社に勤めてるとか、なにか資産があるとかがわかってたらするかもしれない。裁判したあとは差押ができるからね。

時効が成立するタイミングは。成立したらそれで終わりか?

それで、時効というのはいつからの期間なのか、それはケースバイケースだが、まあ基本的には最後に一部返済した日にちからということになる。平成29年5月3日に返済したとしたらそれからずっと返済とかしなければ五年後には晴れて時効は成立する。

「返済とか」と書いたが、この返済っていう行為が債務があると認めるってことになって、認めてしまうと時効がストップしてしまうのだ。
せっかくがんばって逃げ切ろうとしても途中で債務があるって認めてしまうと時効はまたそこから五年後ってことになる。で認める行為ってのがこの返済だけでもないので、例えばなにかそういう類の書面に署名するとか、そういうのも時効がストップしちゃう原因になるので注意が必要だ。

それで五年経過、もしくは十年経過したあとはほっとけばもう終わりってことではない。法律的には「時効の援用」というが、時効になったからその制度を利用するよ!と債権者伝えることをしないとならない。
これも弁護士や司法書士に頼めば有料でやってくれるが、特に難しいことじゃないので、自分でできる。

以下はその文例

消滅時効援用通知

平成○○年○月○日

あて先
住所 東京都○○区○○町xxxx
株式会社○○○○
代表取締役社長 ○○○○ 様

通知人
住所 東京都○○区○○町xxxx
氏名 ○○ ○○

貴社が当方に請求している債権の全部について商法第522条に基づき消滅時効を援用します。
また、貴社が当方に請求する債権は民法第144条により遡及的に消滅するものでありますから、信用情報機関への登録も修正抹消してください。
また本書面にて貴社が請求する債権を承認するものではないことも念のため申し添え致します。

てな具合でいい。ちなみに「遡及的に」とは「そきゅうてきに」と読む。過去にさかのぼってという意味だ。ここでは時効になったんだから過去にさかのぼってなかったことしてくれっていう主張を書面でするわけだ。

これをただお手紙でも年賀状にでも書いて送ってもいいが、見てないってことになるとまた面倒なので、内容証明郵便で送るのが一般的だ。

内容証明は郵便局のサイトのE内容証明郵便がネットで簡単にできる。

これでもう大丈夫だが、基本的にはほとんどの貸し金業者も債権回収会社も時効になってたら、請求せずそのまま放置してしまうので、ほっといても請求はこないし、まあ請求が三年、四年となかったらもうそのままなにもしてこない方が一般的だ。
中には経営に行き詰ってるようなとこは少しでも取り立てようと突然請求してくるところもあるかもしれないが。
その場合注意することとしては時効の前でも時効が成立した後でも、債務を認めるっていう行為をしないことだ。返済もそうだし、書面の類に一筆いれるとかもだ。

一度認めてしまうと、あとでやっぱりあのとき時効になってたからもう払わないねっていうのが通じない。これは法律じゃなくてそういう裁判での判例があったから。
この点にも注意が必要だ。

スポンサーリンク




ただそんなのも面倒だってことであれば、直接の貸し金業者にでも暇なときに電話して担当者にねちっこく一時間でも二時間でもくだらない雑談したり、どうでもいい質問をグダグダしてるだけでも効果はある。向こうもサラリーマンなので仕事がある。ややこしいとこには関わりたくないので、時効云々以前に、そういう面倒な相手であれば向こうから関わってこないことが多い。
いわゆる、ごね得ってやつだ。

私はいわゆる法律職にあって、今まで様々な会社の貸付金の取立て実務にも携わっていたことがあるので、それなりに詳しい部分がある。今日はそこで経験したことの知識の一部を法律をまじえて語ってみた。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする