ゆず、じゃない方岩沢氏の薄毛問題がネタにされる

「夏色」「栄光の架け橋」などのヒット曲で有名な人気男性デュオの2人である「ゆず」が7月24日放送のNHKバラエティ番組「鶴瓶の家族に乾杯」にゲスト出演した。
その放送をみた視聴者らにより、ゆずの2人にとってはあまりいじられたくない部分に注目が集まり、ネット上で話題になっている。

ゆずメンバー

・北川 悠仁(きたがわ ゆうじん)

神奈川県横浜市出身。1977年1月14日生まれ。ゆずのリーダー。愛称は、「悠仁」「悠ちゃん」「仁くん」。
母は宗教法人かむながらのみちの教主北川慈敬。既婚者で、妻はフリーアナウンサーの高島彩。

・岩沢 厚治(いわさわ こうじ)

神奈川県横浜市出身。1976年10月14日生まれ。ゆずのサブリーダー。愛称は、「厚ちゃん」「厚くん」「岩ちゃん」「チー坊」「お父さん」「こうじおじ」など。

【以上はウィキペディアより】

それで今回注目を集めているのは、ゆずの、「じゃない方」サブリーダーである岩沢 厚治氏のほうだった。

同番組は、神奈川県横浜市出身のゆずの2人が、横浜以外の海辺の町で漁師メシを食べてみたいということで、千葉県館山市を旅することに。

撮影当日は豪雨や強風で天候もかなり悪いこともあり、ほとんどのお店が営業しておらず、残念な結果ではあったが、現地の人々とゆずの2人との絡みもそこそこにあり、番組としては成立はしていたようだった。

話題になっているのは寿司屋にて乾杯するシーンで起きた。

乾杯と同時に、岩沢厚治が軽く会釈した際に頭頂部が映され、薄い髪の毛から地肌が透けて見えたのだ。

岩沢の髪型がイジられるのは今に始まったことではないが、映し出された頭頂部の進行具合がネタにできないレベルまで達していたことに・・。

相方の北川悠仁が雨で濡れた豊かな髪をドライヤーで乾かすシーンがあったが、その反面、岩沢の毛量の少なさによるコントラストの強さでさらに薄毛が際立ってしまった・・。

放送後、2チャンネルでの関連スレでの反応をあげてみても、

「これはシャレにならないレベルだな」
「カッパみたい」
「顔で売ってるわけじゃないけど」
「ハゲアンドASKA化待ったなしか」
「いや斎藤さんや江頭のレベルに比べたらまだマシだな」

などと言われたたい放題だった。

当ブログでも取り上げたが、最近ではMr.Childrenの桜井和寿氏の頭髪の状態も、寂しくなっているということも話題になっていたが、ゆず岩沢氏も本格的に薄毛暴走モードに突入してしまったようだ。

ただ、「ゆず」も「ミスチル」も20年以上もの長きにわたり活動しているわけで、当然のことながら経年劣化はするわけだし、いちいちそこを拾われるのも気の毒な気もするが・・。

沢田研二の劣化ぶりに比べたら全然問題ないだろう。

沢田研二(現代)

しかも、ゆずに至っては北川 悠仁が若すぎるということもある。40であのビジュアルはねえよ。

岩沢氏の頭頂部の透け具合を見る限りでは、まだまだ復活の余地はありそうだ。

取り返しがつくハゲとそうではないハゲがあって、彼の場合は前者。かくいう私も以前は彼と同じくらいの薄毛モードであった。

今はたゆまぬ努力の甲斐があってか、回復はしている。その頭頂部画像をこちらに晒してあるので暇な方はみてほしい。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする