イケメンyoutuberはじめしゃちょーになりたい

ネットで少し小遣い稼ぎができればいいなあ、なんてのはけっこうみんな思うところだろう。

そういう自分もそんな下心もあってブログというものをやっているところもある。だがブログよりももっと稼げるのが、今は子供のなりたい職業でも上位にいる「You tuber」だ。

Youtuberっていうのはなにかというと、超メジャーな動画サイトに個人で動画をアップしてお金を稼ぐ仕事だ。

では、それってどうやればなれるのか?

ネットでいろいろ調べたら特に難しいこともなさそうだ。どちらかといえば、私がいまやっているこのワードプレスというツールを導入してグーグルアドセンスを広告をのせる権利を取得して、ブログを継続するっていうほうが単純なやるっていう意味合いでは難しいかもしれない。

①youtube のアカウントをとる。②youtubeに動画を投稿する。③動画に広告を貼る。

これだけだ。詳しいやり方までここであげる必要もなく、ネットで調べればすぐわかる。

動画をあげるまでであれば調べるまでもなくスマホででも簡単にできる。自分も動画はいくつかあげてある。知人に見せるためだけの動画なので広告は貼ってはいないが、動画をあげるまでは特に悩むことはなかった。

それでその動画をみにきた人が広告を踏んだりしてくれれば、それが直接的な収入になるわけだ。
理論上だいたい一回動画が再生されるごとに0.1円とか動画のクオリティーとかあげてる人の知名度とかにより0.3円~0.5円程度にもなるとか、まあ諸説はあるようだ。

例えば今もっとも売れてるYOU TUBERは「はじめしゃちょー」だ。彼はまだ20代で静岡大学の学生らしいが、すでにここ一年では一億程度は稼いでるらしい。今まで累計の動画再生回数から推察すると三億以上で、さらにその他にもCMなど収入やら企業とのタイアップ収入などもあるようで、このYou Tubeというツールをきっかけとしてすでにサラリーマンの生涯賃金をゆうに上回る額を稼いでしまっている。

なんとも夢のある職業だろうか。

スポンサーリンク




ちなみに、これがそのはじめしゃちょー氏だ。

イケメンで背も高く、印象も悪くはない。彼の動画はいわゆるやってみた系のを中心として、オールジャンルを扱っているとのこと。若年層から人気は圧倒的だ。

私もその動画をいくつかみてはみたが、おもしろいし、テレビではありえない企画を次々とうちだしていて斬新だった。740人でだるまさんが転んだをするとか、普通にゲームの実況もしてたりとか、とにかくいろんなことをしている。その辺からも若年層からだけでというだけでもなく、まさに老若男女、各方面からの人気もあるのかもしれない。

他にもトップYou Tuberとしてはヒカキン氏とか木下ゆうか氏とかも有名だが、個人的にはこのはじめしゃちょー氏が好きだ。

このお祭りでのくじ引きをあたりができるまでやるっていう動画も見たが、これなんかはまさにテレビでなんかはできないだろう。

もしこんな企画をテレビでやってたら、どうせやらせだのと言われ、また関係各所からいろいろと叩かれるだろうし、そもそも放送すらできないかしれない。

楽しんで自分の好きなことだけやって、かつ大金を稼ぐことができるわけだから、それは子供もあこがれる職業なんだろう。ただ、これはやはり才能だと思う。圧倒的な企画力や配信者本人にカリスマ性というものも備わってなければ人気もでないだろうし、誰でも簡単にというわけでもない。当然視聴者にはわからないであろう苦労だってあるだろう。

それに実際には、はじめしゃちょー氏を筆頭とした人気配信者の陰にはスポットもあたらない吹けば飛ぶようなTuberさんもたくさんいるわけだしね。

だが我が子供もテレビより、YouTubeのほうがすきで、スマホやパソコンをもう三歳にて駆使しつつ好きな動画をみている。

そんな様子を見ているとテレビとはもう完全にとは言わないが、オワコンなんだなあと感じるものだ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする