ロシアWC最終予選イラク戦はドロー。試合採点とガス欠本田の語る問題点。

昨日、ワールドカップ最終予選、アウェーでのイラク戦は1-1で引き分けだった。
試合はフルでみてたが、試合後日本代表を牽引する本田は以下のように語った。

「変な誤解を招くし、あまり喋りたくはないけど」 と前置きした上で、「 当然ながら監督がやりたいサッカーはしっかりとあって、 それをストレートに伝える人なんで、 若い選手は聞きすぎてしまうっていうところですね。 うまく消化し切れていない」

「監督が(自由にやっていいと)言っているんですけど、 どうしてもそこの整理をうまくできずに、 こういう大事な試合で自分の持っている力の半分くらいしか出せな い選手も実際にはいるわけで、 それっていうのはまさに技術的な問題ではなくて、 精神的な問題です」

言ってることはわかるし、説得力もある。
今の代表の若手には俺がチームを引っ張るっていう責任感というか貪欲な選手がいない。
そういう人間が存在して、本田にもガンガン噛み付けば彼もそれに応えるんだろうが。

本田は昨日は前半にコーナーからのアシストしたし、点とった大迫と同じ最高点6.5をマークしている。
なのでまあ、言う資格はあるが、素人がみててもわかるくらい彼は前半でガス欠してしまって後半ほぼジョギング状態だったんだよな、、

おかげで、本田の周りにいた原口君もガス欠、井手口と酒井は負傷。
これは本田の周りの選手に負担がかかってるってことだ。本田はチームには必要だけど、今後はフルではもう無理だろう。

彼は昨日誕生日だったらしいし、最後のシュート決めてれば、さすが本田持ってるって、祭りになってたのに精度なかったな。昔の彼ならきっちり決めてただろう。

昨日の結果で日本は単独首位にになったけど、日本はあとサウジとオーストラリアと直接対決。

サウジオーストラリアは双方とも雑魚戦が一回づつあるので、日本は単独首位ではあるが、現状日本のほうが不利な状況だとは思う。

次節、8月31日のオーストラリア戦では引き分け以上であればワールドカップ出場を決めるが、イラク程度と引き分けではサウジ、オーストラリアには勝つのは難しいし、引き分けすら危うい。

しかし、今までを振り返ると、日本はホームでイラク戦でのロスタイム、山口のマグレミドルシュートが決まってなかったら今頃は三位なんだよなあ。彼のおかげで今の単独首位があるんだよな。あれがなかったらほんと絶望的だった。

次回は久々にサッカーバーで観戦しよう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする