北朝鮮関連?反トランプ?ラスベガス乱射事件の犯人の実像に迫る

10月1日の夜(日本時間の2日午後2時すぎ)に起きたアメリカのラスベガスでの銃乱射テロ。
現時点で既に銃乱射テロではアメリカ史上最悪となる53名の死者が確認され、今後も死傷者数は増えるだろう。その容疑者は銃撃戦の末、既に死亡しているが、地元の男で、ホテルの32階から、コンサート会場に向けて銃を乱射したとのことだ。

銃撃があった当時、現場では、カントリーミュージックのコンサートが行われており、その会場は、ホテルやカジノに囲まれたラスベガス中心部の広場で、当時、周辺には3万人近くがいたと。

現時点でのラスベガス銃乱射テロまとめ(不確定情報含む)

・死亡50人以上 負傷200人以上
・マンダレーホテルの32階から発砲
・コンサート会場には3万人の群衆
・フルオートの自動小銃が使われた
・警察は事件に関係してると思われるヒュンダイ製乗用車の行方を捜査中
・音声分析の結果 31秒間で280発が発射された模様

犯行現場からの位置関係。かなり遠い。

・銃乱射が始まる45分ほど前には、現場のコンサート会場である女性が観客に向かって「ここに居る皆がもうすぐ死ぬ」と銃乱射を仄めかす発言をし、警備員に排除されていたとの客の証言が報道されている。

・最初は人気のないところに銃撃があったが、一人の大麻ラリが「こっち(銃撃の方に)来れば、救いがあるぜ!!」と絶叫して、観客もほとんど大麻で正常な判断できず銃撃の方へ流れていった。

犯人像は?

既に死亡しているが、スティーブンパドックなる64歳の男性で確定。

犯人ご尊顔

当初犯人と同行していたアジア人女性の存在や、事件に関係していると思われる車が、韓国の現代自動車製であるということから、北朝鮮からみか?との憶測もあったが、結果的にアジア人女性は事件とは無関係であることが判明し既に釈放されているとのこともあり、どうやらその線はなさそうだという結論に。

この事件当時、現場では「カントリーミュージック」のコンサートが催されており、その聴衆はほぼ白人だったということから、左翼思想の犯人が保守層を狙った、反トランプ勢の犯行であるという説が濃厚になってきている。

日本人の被害は?

外務省によると、日本時間2日午後6時前の時点で、死傷者の中に日本人がいないと発表されている。
事件当時ネバダ州ラスベガスにはさいたま市見沼区の私立栄東中学・高校の生徒約400人も修学旅行で滞在していたらしいが、とくに事件によるけが人などはいないという。

ミリタリーオタクにより音などから判別された、今回使用されたといわれている銃

M60機関銃

こんなものが普通に手に入るなんて、やはり銃社会アメリカ怖い・・
日本でよかった。とほっとするかもしれないが、フランスで起きたトラック特攻テロでは84人も死んでいる。
確かに銃社会は怖いが、フランスニースのテロを思えば、ここ日本でもこれだけの大量虐殺テロは起こりえるわけだ。
決して対岸の火事ではない。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする