バカッター?嘘松?ポッカのコーンポタージュがどす黒いと騒動に

飲料メーカーポッカサッポロの「じっくりコトコト コーンポタージュ」をコンビニエンスストアで購入した人物が、Twitterに投稿した内容が騒動となってる。

この投稿をした人物は、コーンポタージュを飲んだところ、その味がおかしかったため、中身を確認したが、黒くなっていたというのだ。

発売元のポッカサッポロではこの投稿内容は把握しており「現在、事実を確認中」としている。

ひと口飲んだところ「ゲロの味」がしたポタージュスープの中身

この画像を見る限り、本来は黄色いはずのスープとコーンがドス黒く変色している。

投稿者は「賞味期限2018年8月16日のやつほぼこれ みんな気をつけて」と、注意換気を促すような投稿もしているが・・・

この投稿は現時点で3万回以上もリツイートされ拡散中だ。
だが、ネット上では、これらの画像の中に缶コーヒーが写り込んでいたことなどから、ポタージュスープに缶コーヒーを混ぜて、故意的に変色しているかのように見せかけたのでは?と炎上目的のデマではないかとと疑う声もおおい。

ただそういった懐疑的な指摘に対して、投稿者は「業者に電話し、家まで謝罪にも来て頂きました。」と反論している。

ポッカサッポロでは、Twitterで拡散している件についても、把握しており、また、過去に缶入りスープでこのようなことが起こったことはないとのことだ。

これを受け、販売店であるローソンでも謝罪。

ところで、もしこれが、でっちあげだとしたら、嘘松では済まされないぞ。
業務妨害、つまり犯罪だ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする