【上原不倫相手】阿部力のインスタに寄せられる批判暴言の数々がひどすぎる件

今月10日発売の女性セブンでは、元SPEEDの上原多香子さんの夫で音楽グループ「ET―KING」のTENNさんが、自殺したのは、妻である上原さんの不倫が直接的な原因だっと報じている。
その不倫相手は俳優の阿部力さんで、彼も既婚者であり、いわゆるダブル不倫だったが、TENNさんの自殺後、すぐに二人は関係を終わらせたとのことだ。

阿部力の知人は「自殺に大きなショックを受け、今でも芝居以外で阿部さんの笑顔を見ることはほとんどない」と話しているとのことだが・・

阿部力のインスタを見る限り・・・

満面の笑みでえびぞりジャンプww

こちらもいい笑顔でグリコポーズ

阿部の知人は、TENNの自殺後に彼の笑顔を見ることはないと語ったそうだが、単純にその知人が阿部に嫌われていただけ説もありえるな・・

だがこのインスタで着目すべき点がもうひとつある、、

一般の方から彼に寄せられる罵詈雑言の数々だ。

安部力(トントン)インスタにつく批判コメントの嵐

めちゃくちゃに叩かれてるwww

それは結果人が死んだとなれば叩く人もいるだろうが、ここまで叩かれるとさすがに同情を禁じえない。
彼もちょっとした火遊びのつもりだったはずで、ここまで大事になるとは思ってもいなかっただろう。

ところで阿部力といえば、花より男子、「ハナダン」でF4といわれるメインのイケメン四人組の一人を演じていた役者さんだが、というかそれしか知らない。

ちなみに他三人を演じていたのは、嵐の松潤、小栗旬、松田優作の息子、松田翔太。
この三人に比べれば落ちぶれたなあ。落ちぶれたというか他三名の格があがったのか。

スポンサーリンク



しかし、最近は宮迫不倫といい、不倫問題ばかりがクローズアップされているがなぜか?
矢口真里のときくらいから特にこの傾向が強くなっている。

思うにそれは、人は元来、人の不幸が好きだってことに起因する。
特に成功している誰かが失敗して堕ちていくストーリーが大好きなんだ。

あて逃げをしたノンスタ石田もめちゃくちゃ叩かれた。もっと遡ると、生活保護不正受給と叩かれた次長課長の河本も。
河本に至ってはネット上での叩かれ方をみると未だに許されていない感がある。

彼らは本当に小さい失敗をきっかけで、一斉に世間から非難され居場所を奪われてしまった。

「不倫」はその着火材料として、最適なのだろう。

阿部力に寄せられる罵詈雑言の数々をみればそう理解できる。

人は他人が不倫をきっかけとして、その人間が落ちていく様を見たい。だからメディアもそればかりを取り扱う。
楽太郎師匠のように、うまいこと受け流して難を逃れた方もいたが。

以前、某テレビ番組のプロデューサーが、何故メディア各社は一斉に安部総理を叩くのかという質問に対して、「数字がとれるからだ。」と回答していた。

これも同じ構図で、成功していた安部内閣が落ちていく様が人に好まれるからだ。

そこにメディアとしての信念や政治的なイデオロギーなんてものは一切ない。

単純に視聴率のため。
そして視聴率さえよければ、スポンサーがつく。スポンサーがたくさんつけば儲かる。これは別にテレビ媒体だけに限らず、新聞や雑誌だってそうだ。
当然といえば当然、彼らは私企業であり、金儲けするのが目的だ。ボランティアでもなんでもない。

とえらそうに述べてはいるが、自分も同じ、右に倣えしていることに気づいた。

当初はただの日記としてはじめていたこのブログだったが、芸能ニュースを取り扱うようになり、今は不倫ばかりをピックアップして記事をあげている。
なぜか?
それが人気記事となりアクセスが集まるからだ。
ただの日記ブログとしてはじめていた頃より約30倍のアクセスがきている。
そして不倫記事になるとさらにその倍だ。

そして不倫を擁護するようなことは私のような個人のブログであってもかけない。
結果、削除しろとか抗議のコメントがつけられてしまうからだ。現在コメントは承認制にはしているが、私も広告をブログにのせているため、ブログを見てくれる人が「不愉快」になるような記事は書きたくはない。

メディアも同様だろう。不倫を擁護してスポンサーに抗議でもされたらたまったものではない。

何故各メディアが一様に同じような内容の報道になるのかという理由はこういうことだ。
自分自身もブログを運営するなかでそれを実感した。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする