タニタカフェ店員のレア抜き転売を組織ぐるみで隠蔽か?

これまでのまとめ

タニタカフェとピクノシスマイクのコラボバッジのシークレットだけ抜き取られてるのでは?という疑惑がツイッターで呟かれる



新潟からの発送のメルカリ垢で定価420円のバッジのシークレットが1万円で大量出品



シークレットは通常品より重さが違い新潟店員が重さを計測してたのを目撃したとの情報も

炎上したためタニタカフェ本社の人が現地視察し調査報告すると発表

これに誰も納得せずさらに炎上

ついに決定的証拠動画が上げられてしまう

振って…
…これは違うな

振って…
…おっ
(表面コリコリ)
よし 上の棚に選別っと

不良品の回収チェックだろうな
タニタの店員さんが不正なんかするわけないし

この問題を受けタニタカフェは・・

調査結果を2月8日、同社HPで発表した。店舗スタッフに個別に聞き取りし、売上記録や販売数、在庫数の調査を行ったが「不正行為は認められず、類する行為の目撃情報も得ることが出来なかった」と報告した。
また、2月9日以降は「透明性の高い販売形態」として、社員が商品ケースに整列させた商品を客が選ぶ方式に変更するとした。
(弁護士ドットコムニュース)

ケンモメン用の解説

ビックリマンを買うと40個に1個スーパーゼウスが入ってる
スーパーゼウスの価値はプレ値がついて12000円
調べたらキラキラカードだけ若干重さが違い店員が事前に抜いていたことが判明
セブンイレブンではキラキラカードのないビックリマンが販売されてたことがわかり炎上
キラキラカードのないビックリマンを必死に買っていたオタクブチ切れ

店員が抜いたってわけではなく、シークレットを何かしらの方法で判別し、レアだとしって買っていたってことだから、タニタの発表は釈明にもならないな。
それに、この問題を受け、急遽販売方法を変えたことも、実際は不正があったことが判明して、隠蔽してるんじゃないかと、疑わしい目を向けざるを得ない。

※2月14日時点において、運営会社タニタは店員の不正入手を認めた。
ただ、最初言い逃れしようとしたのがな・・
イメージは悪くなったなあ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする