高松市四人家族オノ切りつけ事件の真相。被害家族とのトラブルとは?

香川県高松市で9月24日未明に起きた「親子4人オノ襲撃事件」
現行犯逮捕された63歳の男性は25日、殺人未遂と住居侵入の容疑で高松地検に送検された。
容疑者の男は24日未明、隣に住む会社員の男性(34)宅に押し入り、男性とその妻(33)、中1の長男(12)と小5の次男(11)の計4人をオノで切りつけ、重軽傷を負わせた疑い。

男性と長男は比較的軽症だが、次男は頭蓋骨骨折、妻も複数箇所を切りつけられるなど、いずれも全治約2カ月の重傷を負った。被害一家は6人家族で、他に三男と四男もいたが、三男四男は被害には遭っていない模様。

額面通りに受け取れば悪逆非道な事件ではあるが、意外にも周辺住民からは犯人の男に対して同情的な声も上がっている。

犯人の同級生という近隣住民は、容疑者はおとなしく、むやみに人を傷つけたりするような人物ではない。被害家族とトラブルがあったのは知っており、原因は被害家族の子どもらが、暴言をはいたり、加害男性の家に向かって物を投げ入れていたりしていたということがあったからだろうと語っている。

香川県警も昨年二度にわたり、容疑者からトラブルについて相談を受けていたことは認めている。

「バカやアホといった低レベルな暴言でなかったことだけは確かです。嫌がらせみたいなことが続いて、越えてはいけない一線を越えてしまったのでしょう。ケガを負わせたことは決して許されませんが、減刑を求める嘆願書を出せるなら出したいくらいです」(前出の同級生)

テレビのインタビューに答えていた別の近隣住人は・・

容疑者男性は体が大きくて物静かなクマさんタイプの人で被害家族の子供達の世話をよくしていた。
ほんとに良い人で、こんな事になるのが全然信じられない。
被害を受けた家族と前日の夜に大げんかしていた。
よっぽどな事があったのかと思ったら次の日この事件が起きた。

容疑者は早くに父を亡くして、現在は年老いた母親の面倒をみていた。
四年ほど前には火事で自宅を全焼し、同時期に奥さんを亡くしてしまい、不幸が続いていた中、ビーグル犬と静かに暮らしていたという。

2ちゃんねるに書き込まれた関係者と思われる人物のレス

424 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2017/09/27(水) 02:06:15.40 ID:i1IwubJx0 [1/6]
>>35
DQNもDQN超DQNですよ。
加害者の友人に同級生だけじゃなく近所の人も嘆願書出してもいいと言うくらいひどい家族でした。
次男が「クソジジーババァ殺して一緒に死ねや税金泥棒」とか言ってたみたい。
親が34なんで年金とかの事子供に言ってたんでしょうね。

451 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2017/09/27(水) 02:09:56.74 ID:i1IwubJx0 [2/6]
警察もいじめに加担してたようなもん。
被害届出しに行っても「あーはいはい、一応隣と話し合って」だけで一切対応しなかった。
なので斧持って話し合いをしただけって近所で話してる。
警察の対応聞いてる人は呆れてますよ。

年老いた親と老犬が暮らしてる家に自身が留守の間にピンポンやらエアガンやら石投げやら小便やらされていたとしたら自分ならどうするだろうか。

警察はなにもしてくれない中、もしも毎日のようにそんなことされていたとしたら。

数ある証言を元にすれば、一概に容疑者だけを責めるべき事件でもないのかもしれない。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする