2018秋華賞アーモンドアイの相手探し。一点的中を目指す。

今週は秋のG1二発目。秋華賞を考察します。現在単勝1.3倍、ダントツ一番人気アーモンドアイの牝馬三冠がかかっているが。

まずこのアーモンドアイの信頼度から。

過去10年のオークス馬の秋華賞での成績。

2017年ソウルスターリング→不出走
2016年シンハライト→不出走
2015年ミッキークイーン→勝ち
2014年ヌーヴォレコルト→2着
2013年メイショウマンボ→勝ち
2012年ジェンティルドンナ→勝ち
2011年エリンコート→10着
2010年アパパネ→勝ち
2009年ブエナビスタ→3着
2008年トールポピー→10着

この中で牝馬三冠となったのは、アパパネとあのジェンティル。
こうみると、明らかにフロックでオークス勝ったエリンコートとトールポピー以外はほぼ勝ち負けだ。

当然アーモンドアイへの信頼も揺るがない。

相手探しだが、正直迷う。それほどアーモンドアイが絶対の存在であるから、こういうときの相手探しはほんと難しい。
こういうときは騎手で考える。
秋華賞に乗る力ある騎手は、武豊、川田将雅、ミルコデムーロさんだろう。
この中から選ぶ。

ちなみに現在の二番人気ラッキーライラックだが、乗り手北村友一君の土曜日の成績はというと・・

ラッキーライラックの北村友一騎手 土曜のレースの成績

2R 1番人気(2.5)→1着
5R 2番人気(3.7)→6着
7R 4番人気(5.4)→7着
9R 2番人気(2.7)→6着
10R 3番人気(4.7)→9着
11R 1番人気(3.6)→9着
12R 1番人気(3.9)→5着

うーん。
乗り代わりで今回ラッキーライラックに乗るわけだが、ちょっと微妙・・。

●武さんが乗るのは②カンタービレ
このカンタービレは現在三番人気だが、競馬予想士最強の逆神である水上氏の本命にされてしまった。
この時点で安心して切れる。掲示板にも乗らないだろう。
(つい先週の京都大章典でも、一番人気シュヴァルグランを見事飛ばしてくれた。)

●そして、ミルコが乗るのは⑱ダンサール
これは500万下の条件戦をあがってきたばかりで、さすがに馬が弱すぎと言わざるを得ない。

●となると残るは川田さんの⑬ミッキーチャーム
川田さんは今回横山騎手からの乗り代わりだが、中間で二週連続で乗ってるし、コンタクトもとれている。
現在は単勝四番人気。

秋華賞は固い決着になるだろう。

おそらくはアーモンドアイが普通に外回って勝って終わるだろうが、馬単も馬連もほぼ配当変わらないので、万に一つの逆転の可能性も考慮し、⑪アーモンドアイと⑬ミッキーチャームの馬連1点を購入した。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする