渋谷Supremeにて警備員がテンバイヤー中国人数名にボコられる

3月9日金曜日、渋谷人気ブランド「Supreme」(シュプリーム)の購入者たちが並ぶ列で凄惨な事件がおきた。白昼堂々に起きたこの衝撃的な事件は大手メディアなどの報道もなく、ネット上の情報のみで、多くの人に衝撃を与えている。

暴行までの経緯

人気ファッションブランドSupreme(シュープリーム) がNIKEとコラボ商品発売

行列 in 渋谷(中国人転売ヤー多数)

割り込みなど発生

警備員が注意

リンチ発生。椅子なども使う

暴行している一部始終(閲覧注意)

暴行しているのは転売を目的とした中国人たち。
シュプリーム渋谷暴力事件が発生したのは、2018年3月9日午後。Supreme限定商品を購入するべく渋谷店に集まった数百人の中に、中国人らしき数十人がいた。彼らは転売を目的として並んでおり、世間からは「転売屋」「テンバイヤー」などと呼ばれている存在だという。

Supremeは転売目的の購入を許していないだけでなく、中国人転売屋の多くがIDチェックやファッションチェック等でSupreme関係者から「購入不可」を言い渡された。しかし中国人たちはルールを破って改めて行列に割り込み、そこでトラブルが発生した模様。

事の発端になったシュプリームとナイキのコラボ商品はこれ

この商品の是非はさておき、実はもう都内にはこういう得たいの知れない連中はかなり数いる。
電車にのっていると大声で電話をしているのは中国人か韓国人みたいな連中だ。
今更こういう不逞外国人全てを追い出すこともできないし、日本人側が変わるしかないんだがな。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする