毛抜きタクシー強盗、ステーキおごられ改心し自首するも実刑。その一方・・

タクシー運転手を恐喝した25歳の男。運転手からの一言で、意外な結末に。

事件があったのは、2017年3月。
タクシーにのった男がドライバーに、「金を出せ」と脅した。という事件だが、、、

タクシー強盗とは、よくある事件だが、この事件にはつっこみどころがおおい。

事件の詳細だが、被害者である運転手の男性によると、その犯人の男は深夜、明石市内のJR西明石駅前でそのタクシーを呼び止めた。
運転手が行き先を尋ねても「姫路まで行ってくれ」「近くまで来たら場所をいう」というだけで、具体的な番地などは告げなかったという。

不審に思いながらも、姫路市内までタクシーを走らせ、目的地付近に着いたので、タクシー料金約1万5千円を請求した直後、その男は運転手の髪の毛をわしづかみにして、顔面に「毛抜き」を突きつけ、「金を出せ。」と要求してきたという。

しかし、運転手が「こんなことをするのはやめなさい」と、一喝して説教すると、犯人の男は謝罪。
興奮していた男は落ち着きを取り戻し、自身の生い立ちなどを語り始めたとのこと。

その男が「金がなく、ご飯も食べていない。寝る場所もない」と打ち明けたため、近くのファミリーレストラン(ガスト)で食事を取ることに。

男はチキンステーキやドリンクバーなど計4点を注文しそれらをたいらげた。
男性運転手は男の食事代計2252円を支払い、「まだ仕事があるから」と店を後にしたという。
その際、その男も「本当に悪いことをしてしまった」と反省していたとのこと。

運転手の男性は通報はしなかったものの、翌日になり男は交番に自首した。
男性は「なんか、ほっとしたんちゃう。人間、おなかが減ったら、誰でもイライラするやん」と語った。

その裁判では、被害に遭った運転手の男性も傍聴席で見守る中、男には懲役10カ月の実刑判決が言い渡された。

この事件のつっこみどころは、まず誰もが思うがとこだが、「毛抜き」だ。
毛抜きで普通強盗しようと思うか?

これが毛抜きだ・・

そして、ガストでチキンステーキwwww

どんだけケチなんだよ。せめてビーフを食べさせてあげてよ。
しかしガストで2,252円はけっこう高いがな、、、

で、この話エンディングだが、実刑判決w
懲役10ヶ月って、毛抜きで強盗未遂して、自首してるのに実刑とは・・
この犯人は類似犯罪を何度も繰り返しては出所してきてるんだろうが、こんなんで実刑とか、ぜんぜん人情話にならないわ!

そしてその一方、

500万円盗んだ警察官は執行猶予付きの判決を受けたとさ・・

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170714/k10011058811000.html
・・・・大阪府警の警察官だった男が、職務で訪れた家に多額の現金があることを知り現金500万円を盗んだとして、窃盗などの罪に問われた裁判で、大阪地方裁判所は「警察への信頼を失墜させたが、反省し、懲戒免職にもなっている」として、
執行猶予のついた有罪判決を言い渡しました。

なんか釈然としないなあ・・

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする