毒蛇ヤマカガシの毒性とは?猛毒ヘビに咬まれたらどうなるか?

兵庫県伊丹市にて、7月29日午後6時ごろ、小学5年の男児が友人と公園で遊んでいたところ、「ヤマカガシ」とみられる毒ヘビに腕をかまれた。少年は帰宅後、午後9時ごろになっても出血が止まらなかったため、母親が119番し、病院に搬送された。
なお、ヤマカガシと見られる毒ヘビは一緒に遊んでいた友人がリュックサックで捕獲し、男児の母親に渡した。

おい、友人、こんなん捕まえるとは勇者過ぎるだろwww
この色彩、どうみても凶悪な毒ヘビじゃん、、

ヤマカガシ

これがおたくの息子を噛んだ毒ヘビです。とでも言ったのかな、、母親は何故帰宅後すぐに病院に連れて行かなかったか、、

ヤマカガシとは

日本では北海道を除く日本全土の地域に住む、アオダイショウや シマヘビに並ぶごく一般的に見かけられる種類のヘビだ。
その毒性は凶悪で、マムシの3倍とまで言われている。
咬まれてもすぐ腫れず、ジンジンとするような熱い痛みもほぼないが、毒が体内を回り始めると、血管内の血小板に異常をきたして体内出血が起こし、全身に皮下出血、歯茎出血、内臓出血、腎機能障害、血便、血尿などが起こり、最悪の場合は死に至るケースがあるとのこと。

しかも、やっかいなことにヤマカガシの血清は限られた場所にしかないため、処置が後手に回ってしまうことが多い。
ちなみに、ヤマカガシの毒はヒキガエルを食べることによって、ヒキガエルが分泌するブフォトキシンという毒を体内に貯蔵している。
この毒が強くて、今では日本では最強の猛毒をもつヘビということだ。なぜ「今では」と言ったのかは、このヘビは30年ほど前までは全くの無毒と考えられていたからである。

以上、ヤマカガシ豆知識でした。

幸いなことに現在、この咬まれた男児はなんとか一命は取りとめたとのことだが、これは死亡事故につながりかねない案件だ。
もし自分の息子がこんな目に遭ったと想像したら、到底公園管理者を許すことはできない。
この伊丹市の公園管理責任の所在はどこにあるのか。ヘビの駆除などやっていたのか。
重大な管理ミスで、市当局の怠慢だと言っても過言ではない。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする