伊丹の幼女無理心中?殺人だろ

23日午後9時35分ごろ、兵庫県伊丹市北本町のマンション一室で、住人の会社員武田康平さん(40)と女児が倒れているのを県警伊丹署員が発見した。

 2人はその場で死亡が確認された。武田さんは同日、別居する元妻と住む娘(4)と面会しており、同署は娘と無理心中したとみて女児の身元確認を進めている。

完全に両親のエゴに巻き込まれた不幸な子供だ。元妻憎しで起こしたただの当て付け。子供に対する愛情があるならこんなことするはずがない。
これは心中じゃなくて、ただ殺人したあと自殺したってだけだろ。

この男は同情の余地は一切なく地獄の業火に焼かれてしまえばいいのは当然として、なぜ元妻はこんな男に二人きりで面会に行かせた?
こんな娘を殺して自殺するようなメンヘラ野郎であればいくらそれを隠してたとしても多少は危ないとかわかるはずだろう。子供の親権とって監護するなら、少しでも危険性があるとこには一人でいかせるなんてのはありえない。

この元妻にも大きな罪はある。法では裁けやしないだろうが、ほぼ同罪だ。一生悔やんで生きろ。そうなれば奇しくもこの鬼畜男にとってはこれ以上ない復讐を遂げることにはなるが。そのくらいの罰は受けてしかるべき母親だ。

父親か母親のどちらかが本当に子供を愛してたら起きなかった不幸な事件だ。

こういう自分の子供と同年代の子供に起こる事件はどうしても目につくし、本当に気分が悪い。

どうすればこんな不幸な出来事が防げたのかはわからないが、せめて手の届くわが子だけは不幸にしないよう再認識するのみだ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする