母子を襲った精神病(女)のその後は。

16日午後午後8時20分ごろ、滋賀県長浜市小堀町の大型量販店「アル・プラザ長浜」1階で、同市の小学2年生の女児(7)と母親(41)が、同市宮司町の女に刃物で切りつけられた。女児は顔など、母親も足などを負傷した。命に別条はない。

・・・・・ヤフーニュースからの転載だが、もう女も通り魔になる時代か。これは意外性というか、もうどうしようもないわ。突然女が刃物もって襲い掛かってくるなど、警戒できたもんじゃないし。もし自分だととしても子供を守れる自信がない。

女のこういう場当たり的な犯行で記憶してるのはもうずいぶん前だけど、「赤ちゃん抱っこさせてください。」とか言われて無警戒で抱かせてあげたら、抱っこさせてあげた赤ちゃんの足を折ったとか事件があったがそのくらいだ。

記事を見る限り、名前が公表されていないところをみるとまあ、ほぼほぼ間違いなく精神疾患の方だろうとは思う。その場合は有責性が問えない、つまり責任能力がないってことで罪に問われることはなく、強制的に入院させられるだけってことになる。これを措置入院って言うのだが、入院だからよくなったら退院があるわけで、その患者が入院して2,3日でよくなったらそれで出てくるんだからたまったもんじゃない。

この事件の母子はまあ命に別状はないってことだからよかったけど、これが死んでたとしても同じ措置だろう。さすがに人を殺してたらいかに精神疾患でもその入院は長期に及ぶのだろうけど。無罪は無罪なんだよな。

こういう人権の保護ってのはまあ、わからなくはない。中には動物と同じだから殺処分でいいとか過激なことを言う人もいるが、その人だって好きで病気になったわけでもないんだから。

ただその人の人権ばかりを保護するばかり、一般市民の人権がないがしろにされてないか?まったく無警戒、無抵抗の人間を突然刃物で襲い掛かった経歴がある人間がその辺にいたら、それは相当な恐怖だぞ。

ここでも書いたが、性犯罪者についての情報を一般に開示することを義務付ける法律ってのがアメリカにはある。それは再犯率が高いからだからそうだ。

で精神病で措置入院させられたことがある人っての再犯はどうなんだ?
こういう類の大きな事件ではニュースになったりするが、けっこうな割合で、以前そういう病気で入院してたとか通院してた経歴があった。とか言われてるが、もしかしたら、けっこうこの措置入院からの退院ってのはザルなんじゃないのか?

一生隔離できないのはわかるが、せめて一般市民とは別の居住区に住まわせるとかできないのかな。
子供に対する性犯罪をおこなったものの人権など保護する理由はないので、そこと同列にとは言わないが。

このニュースをみて自分がもし子供と歩いててこんなことに巻き込まれたら防ぎようないし、常にそんなこと気にして社会にいたらこっちが被害妄想からの統合失調症になってしまうわ。と思った。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする