【浪速のエリカ様】上西議員、浦和サポに暴言で炎上。根拠となるプレイとは?

上西小百合衆院議員が、
「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」
とSNSのツイッターで発言し、また炎上中。

事の発端は15日、浦和とドルトムントのエキシビジョンマッチで浦和が2―3で逆転負けしたことについて、
「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」とツイートしたところからはじまった。

多分このことなのだろうが、、

この動画みると確かに、ドルトの選手のミスキックを普通にクリアすればいいものを、どフリー状態で、後ろの絶妙な位置に流して、ゴールアシストするとか、茶番みたいなプレーしたから、「遊び」とか言われちゃったのかな。

すると「なんかブーブー言ってる」「調べたら次はヤンマースタジアムだった。埼玉スタジアムならゴール裏行くのに」とツィートを連投。
続いて、「浦和で街頭演説でもしましょうか」「よし、やろう。今決めた」とさらにサポーターを煽り続け、
最終的に、前出のツイートにつながった。

それを受け、J2岐阜の現役選手からもリプライが届いても、

「少しは骨のある選手がいるんですね。見直しました。ただ直接言って下さいね。男なんだから」
と上から目線でレスする始末。

炎上ねらってるんだろうけど、
この先生はしょせんダウンタウン松本の二番煎じだ。

すでに彼が同様の発言を彼の著書「遺書」の中でしている。

以下著書遺書からの引用

「オレが嫌いなのは野球ではなく、あの必要以上に熱狂するファンなのだ。
結局、ヤツらは学校や仕事先でがんばれてなかったり、勝ててなかったりするヤツらの集まりで、それをひいきチームに託しそのチームががんばれば自分もがんばった気になるし勝てば、まるで自分が勝ったような気になるのだ。
オレのように、毎日戦っている人間なら、人を応援する余裕なんてあるわけがない。」

一見すると暴言だが、正論にもとれるこの発言だが、松本さんと上西さんの違うところは、松本さんはタレントで、上西さんは国会議員ということだ。

国会議員が国民をバカにするような発言をしてはいけない。
つい先日も、安部総理が「こんな人たち」といって叩かれたばかりなのに。

いや、彼女はすでに国会議員の資質は失っているのかな。

だって比例当選した立場で、個人的な不祥事をきっかけにその所属党追い出されて、今は無所属なのになんだからね。
いわば誰にも支持されてないのに議員辞職せず居座って税金から給料もらい続けてるんだから、国民としてはそっちのほうがムカつく。

ちなみに彼女は、以前は、このようなツィートをしている。

そもそもサッカーより野球な人なんだろう。
でも高校時代はフカキョン?

うーん、、フカキョン

まあ、見ようによっては・・・???

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする