皐月賞最終予想。やはりペルシアンデムーロでいく。

ワードプレスに移転してから記念すべき最初の記事は皐月賞予想だ。
さて、前回記事でもかいたが、ここはファンディーナを頭にするかしないか。私はどうしても否定したい。まず、以下が過去無敗で皐月賞を勝った馬だ。

1984年シンボリルドルフ
1985年ミホシンザン
1991年トウカイテイオー
1992年ミホノブルボン
2001年アグネスタキオン
2005年ディープインパクト

このそうそうたるメンバーにファンディーナが名を連ねることになるのか?約30年で6頭しかいないような歴史に名を残す名馬になるほどの資質はあるか?否、ないと断言する。

ひとつ懸念があるとしたら、中山は今週が最終だからか、馬場がけっこういじられてて、ディープ専用の高速馬場になってる気がする。

超高速化してる昨日のレース⬇
4R 2000m 2:00.4 3歳未勝利
5R 1200m 1:08.6 3歳500万

ラップ分析からすると、⑧ファンディーナと⑪アルアインと⑰ウインブライトあたりで決まりそうな感じは否定もできない。

今日のメンバーで末脚でファンディーナをかわせるとしたら、④カデナと⑦ペルシアンナイトくらいでしょう。
結論だが、ここでも書いてるとおり、やはりデムーロ騎手のペルシアンナイトからいきます。ここ最近第一印象で決めた予想で買ってればとれたわーってのが多かったので。
展開的にもペルシアンナイトがファンディーナの後ろを獲れたら間違いない気がします。

怖いのは出遅れだけ。先週の桜花賞はアドマイヤミヤビちゃんはゲート内でうんちしてましたからねwデムーロ騎手も今週は雪辱したいでしょう。

買い目としては⑦頭固定の三連単とおさえで軸一頭での三連複、相手を④⑤⑧⑪⑮⑰の6頭でいきます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする