熱闘高校野球、作新学院逆転ならず。

今日は会社を有給休暇をとった。特に何か予定があったわけではないが、月に一度リフレッシュ休暇という名目で勝手に休んでるだけである。いや、リフレッシュするほどストレスもないが。
で、そのときは決まってスパなんかにいく。基本的に温泉が大好きで出張にいくとけっこうな割合で土地土地の温泉宿なんかに泊まったりすることもある。

今日は東京足立区の明神の湯にいってきた。ここには露天風呂や、サウナ、ヒノキ風呂とかスチーム蒸し風呂なんかもあり、設備的にも充実している。
まずは施設内にある理容室でカット、顔そりしてから温泉に。
洗い場で体を流し、屋外のヒノキ風呂にゆっくり使った後、サウナへ突入した。

ところでこの前、大阪の世界の大温泉なるスパにいったときもサウナへ行ったんだが、温度がぬるかった。
いや、かなりぬるかった。サウナ?暖房じゃないの?と思うくらいで。
うどんだしなんかは関西のほうが薄味ってことですが、サウナもなのか?
美味しんぼで、関西人はケチだから、うどんだしも薄い。なんてほんとかウソかわからないことが書いてあったが、サウナもケチだからあまり温度あげないんだろうか。そのへんはググってもわからなかった。
話はそれたが、そのサウナが今日は猛烈に熱かった。いや、過去最高気温じゃないの?
椅子すわったらアッツ!!もう一度座ってもアッツ!!思わず二度声でた。なので腰にまいてたタオルを座椅子に敷いてから座ったんだが、テレビに目を向けると高校野球がちょうどいい場面でやっていた。
試合は栃木の作新学院と熊本の秀岳館高校でした。その試合ですが、サウナインしたときの場面が9回表、一点差を追う作新の攻撃、ランナー二塁、一打出れば同点という場面から。
なかなかのクライマックスですよ。で、それから二つの三振、二つのフォアボールと続き、ツーアウト満塁で、一打逆転というもう最高に盛り上がる展開にもつれ、私自身ももう熱さと水分の枯渇で昏倒しそうではありましたが、この結末を見届けねばという気持ちでサウナから出られず。
正直いって、どっちのチームにも対して思い入れもなく、栃木にも熊本にも縁もゆかりもなく。
ですが、日本人の気質ってのは弱い方や負けてる方を応援したくなるようで、この場は作新の逆転を期待してはいたんですが、結果的には逆転ならず残念でした。
私と同じようにこの9回攻防を最後まで見届けたいサウナおやじ達もかなりいて、ほぼ全員ラストバッターがセンターフライに倒れると、「あ~」と言いながら、同時にどっと出口に殺到したのが滑稽でしたね。
あれはもう少し攻撃が長引いたら死人が出たかもしれません笑
まさに熱いゲームでした。
で、そのあとはランチにカツカレーを食べて、帰宅して少し昼寝。これから子供を保育園に迎えにいこうかな。というところです。
しかし、これで1200円ですからかなりコスパいいと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする