何故?るろうに剣心作者和月氏の謎の自分語りと妻黒崎薫の謎ツイート。

昨日11年21日、児童ポルノ動画所持の疑いで警視庁は、大ヒット漫画「るろうに剣心」の作者である、和月(わつき)伸宏(本名・西脇伸宏)(東京都西東京市)を児童ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検した。

和月容疑者は都内の事務所で10歳代前半の女児の裸が映った動画を収録した複数のDVDを所持していいたことを認め、「小学校高学年から中学2年生くらいまでの女の子が好きだった」と捜査関係者に供述しているとのことだ。

ちなみに和月先生は1本二万くらいのDVDを100本ほど所持していた。

児童ポルノ禁止法

性的な目的で18歳未満の子供の児童ポルノを所持・保管すると、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科される。

素朴な疑問①ひとつ年上の和月先生の奥さんはこの件は知らなかったの?

和月伸宏の妻「黒崎薫」

ちなみに、休載扱いになってしまったが、彼女は新連載「るろうに剣心」の北海道編のストーリー協力もしている。

既に10月にガザ入れされてるんだから、知ってるはずなのに、最近も普通にツイッターで漫画の宣伝してたがどうなってるんだ?

多分このツイートしてる頃はガサ入ってるのよね?全くそんな様子伺えないが・・

もしかして、先生の趣味は奥さんも公認なのか??

素朴な疑問②なぜ漫画家である、和月伸宏こと西脇容疑者は、性的な目的ではなく、創作活動のための参考資料だと、供述しなかったのか?

漫画家であるという性質から、苦しくもあるが、そういった強引な言い逃れもできなくはない。

しかし、彼はあまつさえ「小学校高学年から中学2年生くらいまでの女の子が好きだった」などと、謎の自分語りしている。

これはあくまでも想像だが、もしも参考資料と言ってしまうと「参考資料で児童ポルノ見る漫画家がいるんじゃ被害を防ぐために二次元規制するしかないですね」論調になるのを避けるためだったのでは?

「漫画とは関係ない私の性癖です」って素直に言えば二次元規制の問題には影響は出ないと見越しての発言だったではないだろうか。

だとすると、和月先生は最後の最後で漫画界に火の粉が飛ばないように守ってくれたのかもしれない。

いずれにせよ、るろ剣のキャラに意思があったら和月にこんなコメントを投げかけるだろうな。

剣心「大人の女性で我慢するでこざる」

薫「もう・・サイテー」

斉藤「阿呆が」 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする