日本で一番うまかったラーメン

私はいわゆる出張族だ。今週は火曜日が栃木、水曜が宮城、金曜日が静岡だ。
日本全国ほぼまわったと思う。
どこの土地もやはり初めて訪れたときはそれなりに新鮮ではあった。

無類のwラーメン好きを勝手に自負している自分は各土地にいくと必ずラーメンを食べた。
その中で最もうまかったのは、高知県の須崎で食べた鍋焼きラーメンだ。
鶏ガラのスープにストレート細麺がベースだが、
これをホーロー鍋にいれて、スープが沸騰した状態で出てくるのだ。


生卵も落とされていて、これをくずして食べるか半熟状態でそのまま食べるかは個人の好みよるところだろう。
ラーメンに加えてごはんとたくあんがついてくる。
このごはんは麺を完食したあと、雑炊にして食べるのだ。
私は卵はこの雑炊の段階でくずしてたべた。
それでたったの650円だったから驚きだ。
札幌味噌、博多とんこつ、喜多方しょうゆなど、もう東京では溢れているし、
横浜家系なんかも最初は物珍しさもあったが今や辟易している。
二郎インスパイア系もさんざん食べたし、もういいやって気になっている。
そういったなか、この須崎の鍋焼きラーメンは全くもって新鮮で衝撃的だった。
まず東京ではみたことがないし。たぶんないはずだ。
いや、今ググったけど、やっぱりない。
もしもラーメン屋をやるとしたら、これをやったら絶対はやるはずだ。
そして物珍しいからってのは別に推し麺にする理由にならず、
本当にうまい。これに尽きる。
というわけでラーメンで順位をつけるとしたら、味、コスパの両面から評価して、
私にとっては高知県須崎市の鍋焼きラーメンが日本一だ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする