冬季五輪1000人目の金メダル羽生結弦クンは国民栄誉賞待ったなしだ!

平昌五輪第9日は17日、フィギュアスケート男子のフリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦が206・17点でフリー2位となり、合計317・85点でフィギュア五輪、66年ぶりの連覇となった。

サルコーなど2種類の4回転ジャンプを計4回着氷し、大きなミスのない演技を見せた。

SP3位の宇野昌磨は、冒頭の4回転フリップで転倒したものの、202・73点でフリー3位となり、合計306・90点で銀メダルを獲得。
フィギュア日本勢が表彰台に2人立つのは、男女通じて史上初の快挙。

1 羽生結弦 日本 317.85
2 宇野昌磨 日本 306.90
3 ハビエル・フェルナンデス スペイン 305.24

なお、宇野しょーまクンは、演技終了後、「え?この後表彰式あるんですか?」と語った。

しょーま君名言

手つなぎしょーまクンと結弦クン

9年前のしょーまクンと結弦クン

演技直後、咆哮をあげる結弦クン

異次元ワンツーとなる、この二人、結弦クンのメンタルはバケモンだし、しょーまクンも転倒からの盛り返しはお見事でした。

しかも結弦クンの金メダルは冬季五輪の記念すべき1000個目のメダルらしく、彼の引きツヨも証明された。

国民栄誉賞はまったなしだ。

しかし、その裏ではジャーナリスト江川紹子氏が炎上!

『「日本人スゴイ!」じゃなくて、「羽生選手すごい! 宇野選手すごい!」だから。』とリベラル発言したことが原因のようだ、、

数年前は普通に日本勢がどーのこーの言ってたようだ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする