【汚物は】内縁の男がいる女、交際相手の男にエタノールをかけて火だるまに【消毒だ】

今月の19日、大阪府堺市で、全身火だるまになった40代くらいの男性が電器店に駆け込んで大やけどを負ったという事件があった。
で、今日、大阪府警西堺署は殺人未遂の疑いで、交際相手とみられる女(42)を逮捕したとのこと。

ここまでに至る経緯だが、この犯人である女は「被害者の男の浮気を疑って体をきれいにしようと思ってエタノールを全身にかけたところ、男がたばこを吸ったため引火したと」と供述しており、殺人未遂については否認している。

逮捕容疑は19日の夕方頃、堺市内の電器店前に停車した乗用車内で、男性に火を放ち殺害しようとしたこと。
男性はその電器店に逃げ込んだが、女性は逃走したが、26日の夜、弁護士同伴で出頭したとのこと。

ちなみに、この被害者の男性男性は今も意識不明の重体で、身元も確認できていない。

この事件を聞いたとき、まずこれを思い出した。

汚物は消毒だ~~!


北斗の拳では三大名台詞のひとつ。

ちなみに残りふたつは、

ラオウの「わが生涯にいっぺんの悔い無し。」
サウザーの「退かぬ、媚びぬ、顧みぬ。」

もしくはだが、

ケンシロウの「そんなでかいババアがいるか。」 ここは議論が分かれるところだ。

それはさておき・・

消毒しようと思ってエタノールをかけたって、、、そんなうそ臭い言い訳があるかって思ったが、

最初のニュースで飛び込まれた電器店のおっさんが、

「女の人が立っててけんちゃん!けんちゃん!とか言っててきゃー!きゃー!言うてた」

って答えてたらしいから、ほんとにエタノールかけただけで、被害者の男がそのまま自分でタバコに火を付けて火だるまになった可能性があるんだよな。

エタノールがかかった状態で自ら火を付けたのだとしたら、残念ながらこの男がアホとしかいいようがない。

が、真実判明のためにも意識を取り戻して回復してほしいけど、それはそれで全身やけどの生き地獄が待っているのか・・。

ところで、この女、この燃やした男以外にも内縁の男もいるとか、、、

いったいどういうことなんだってばよ・・

被害にあった男性は気の毒なんだけど、なんかコント感があるんだよなあ・・この事件。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする