また虐待か、ノコギリできりつけるとか

大阪市北区の自宅で5歳の長男の体をフライパンで殴るなどしてけがをさせたとして、両親が逮捕されました。逮捕前、母親はMBSの取材に対し「虐待はしていない」と話していました。
・・・・というニュースを夜中に目が覚めたところでまたヤフートップからみた。母親と義父がフライパンで殴ったり、頬をノコギリで切り付けたりとかしてたらしい。この前幼稚園での虐待ニュースをみてこの記事を書いたばかりで、まただ。
やはり同じ年頃の子供がいるからか、こういうニュースはどうしても気にかかるな。
しかし、日本に生まれただけでグローバルにみると勝ち組だろ、って思ってた時期が僕にもありましたけど、子供にとって最悪な親に生まれてくることが最も不幸なのかもな。ここまでひどい親だと普通に愛してくれる両親であればたとえシリアに生まれててもまだマシだな。

子供は母親の連れ子だったらしい。もっと突き詰めるとやはりシングルマザーになるような母親の元にうまれてきたのが不幸なのだ。死別でない限りは離婚したってことなんだから、親の都合で片親にしてしまったという思慮の浅い母親で、実子がいるのに離婚せざるを得ない状況にまで陥らせるような原因を作ったクズ男をみつけて結婚して子供まで作ってしまう男を見る目がない母親。こうなると十中八九次にこの母親とくっつくのもまたクズ男であることは不幸にもほぼほぼ確定する。

さらにいえば、例えばライオンの雄などはは、群れを統率する雄を追い出し、その群れを乗っとると、そこにいる子供は全部殺すらしい。これは生物学的に自分の遺伝子を残そうとする本能からくるものだとか。
まあいろんな要因が相まってこういうことが起こる。両親が血縁があれば安心というわけではないが、片親だけが血縁だった場合の虐待確率は両親とも血縁あり虐待の30倍以上にはねあがるらしい。

さんざん言われてきたことなんだろうが、一度離婚した子連れ親は子供が成人するまで再婚禁止にするしかないな。
この五歳児は素っ裸で放り出されてて、それをみた近所の人の通報で救われたようだが、これから成長してきっちりこの親には復讐すればいいよ。
あと近所の人はグッジョブだ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする