プライドとは無駄でしかない

ぶっちゃけ、うちは夫婦間の仲が悪い。
多分お互い嫌いあってるんだろう。うっとおしいと思っている。
でもお互いそれをなんとかしたいと思っている。
子どものためにも、険悪で常にいがみあう関係でいいはずがない。

しかしながら、どうしていいかわからないのと、くだらない自分のプライドで歩み寄ることができない。
どちらかといえば嫁のほうが大人だ。
たまに気をきかせて、おれにも何か買ってきてくれたりする。
俺の両親にも子供の写真や、その他プレゼントなど送ってくれたりよくしてくれている。
嫁は友達もおおい。なので、性格もいいんだろう。
反面私はひねくれものだ。だからさほど友達と呼べる人間も多くはない。
こうして書いているとどんどん自分が非があることが露呈してくる。
いや、書かずともわかっていたことだ。
私だって、と子供のような言い訳がましい言い方になってしまうが、
こうして反省して、回顧して感謝することは日々ある。
だが、やはり顔を合わすとすぐぶつかるので、元の木阿弥だ。
今は結婚してもう7年近くなるのかな。ずいぶん耐えた。
子どもができてから3年。子どもが一歳くらいのときが夫婦仲は最悪だった。
正直あの頃はリアルに離婚の危機だった。
それから今も仲はよくはないが、あの頃に比べれば最悪ではない。
昔は一緒に顔を合わせて腹から笑うこともあったなあ、とノスタルジックな気持ちになれる余裕もできた。
何年後かにまたそういうときがくるといいとは思っている。
そのためには自分からも少しは歩み寄る必要はある。
ありがとう、とかごめん。とかなんて口が裂けても言えないので、
一言、みそ汁がおいしいって言えたらいいとは思っている。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする