人気ツイッター漫画家「タキオちゃん」在日韓国人の生活保護(ナマポ)煽って炎上

人気ツイッターアカウント「ポメラニアンのコロちゃん」が、在日外国人などへのヘイトスピーチにあたるイラストを公開していたとして、「深く反省し、2度とこのような事が無いよう励みたい」と謝罪した。
 問題となったのは、「生活保護で働かずしてA5ランクのステーキを堪能する被保護ポメラニアン」として投稿されたイラストだ。ステーキを食べる犬のセリフが、ハングル文字で表記されていた。

生活保護受給の「ポメラニアン」がハングルで喋る「ポメラニアン―」は、イラストレーターの「タキオちゃん」が運営しているアカウント。可愛らしい見た目の犬が、「腹黒」な物言いで世の中を風刺するギャップで話題を呼んでいた。

Tシャツやトートバッグなどのグッズも製作されているほか、2018年4月4日からは期間限定のコラボカフェを東京・原宿に出店。ツイッターのフォロワー数も6万4000人を超えている(20日昼時点)。

そんな人気アカウントが、19日朝に公開したイラストがインターネット上で物議を醸すことになった。

「フルタイムで働いても生活にならないポメラニアンと、生活保護で働かずしてA5ランクのステーキを堪能する被保護ポメラニアン」

こうしたコメントと共に投稿されたのは、求人情報誌の近くに座り込んで発泡酒を飲む犬と、赤ワインとステーキを楽しむ犬を描いた2枚のイラスト。前者の犬は、「フルタイムで働いても生活にならないワン…」と日本語で呟いている。

しかし、ステーキを食べる「被保護ポメラニアン」のセリフは、ハングル文字で表記されていた(日本語で『美味しいワン!』という意)。
この表現が、在日韓国・朝鮮人への「ヘイトスピーチ」に当たるのではないか、などと問題視されたのだ。

 問題のイラストに対しては、

「生活保護受給者と在日コリアンを対象にした差別的表現」
「ハングルを見下しているし、使っている方に失礼」
「悪質なデマと差別扇動。いい加減にしてほしい」などと批判が殺到した。

その後、「ポメラニアン―」のアカウントは20日未明、ツイッターで「在日朝鮮人を容易に連想できる形で生活保護受給をネタにしたイラストを投稿した件で、強い不快感や失望感を与えた」
「明らかにヘイトスピーチであり間違った印象を与えるものであることを認め、深くお詫び申し上げます」

と問題のイラストについて謝罪した。

ツィッターに批判レスは多数寄せられたようだが、ネット上、掲示板などでは投稿者を擁護する声の方が圧倒的に多いのは言うまでもない。
それもそのはず、在日韓国人に対する生活保護は圧倒的に多いわけだから。

国籍別の生活後受給世帯と受給率(2010年)

国籍別の生活後受給世帯と受給率(2015年)

支給率が14.2%から16%にあがってるね。
これをみると、こうしたイラストが共感を呼ぶのは仕方ないのかも。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする