【文春砲】浮気報道された宮迫はベッキーと24時間TVランナーか

本日発売の週刊文春により、「アメトーーク!」「行列のできる法律相談所」など、多くのレギュラー番組を抱えるお笑い芸人の雨上がり決死隊・宮迫博之が、またしても不倫をすっぱぬかれた。
今回は二人の女性と交互に都内のホテルで密会していたというもの。

 
女性の1人はモデルの小山ひかるさん。

もう1人は30代の一般女性。フリーライターA子さん。

小山さんとは7月14日に、25日の深夜にはA子さんと密会。二人とも同じ都内の高級ホテルで逢瀬を重ねたということだ。

文春の取材班は宮迫本人を直撃。友達だとしらを切る宮迫に記者が本当に潔白か?と追求すると、「えー、オフホワイトです」と回答したという。

また、お相手の小山は「ホテルに行ったことはありません」、A子さんは「肉体関係は否定させてください」と答えた。

冒頭で『またしても』といったのは、彼は2011年にも不倫関係をスクープされているのだ。
なので、またかー、という程度なもので全くインパクトのある文春砲でもない。

ちなみに2011年の不倫相手

ベッキー問題の時も散々叩かれていた彼女を擁護していた彼だが、そりゃそうだわな。

ちなみにベッキーのときのタレントの反応一覧。

宮迫→擁護する芸能人を批判する風潮あるけど擁護して当たり前。

坂上忍→奥さんがかわいそう、仲良いからって擁護はおかしい。

カンニング竹山→ベッキーいい子だから許してあげて。

西川史子→ベッキーこんなにやつれて可哀想。

岡本夏生→ヤルことヤって友達は無理。

優木まおみ→既婚者と正月に実家行くのは軽率。

小木→ベッキーは好感度が高いから可哀想。

ナイナイ岡村→ベッキーも女の子、そんなこともある、うちの妹も不倫してた。

鈴木奈々→不倫、絶対ダメ。

松本人志→ベッキーは奥さんのいる人を好きになりましたごめんなさいもう別れますって言えば良かった。

赤江珠緒→どっちかは幸せにしろや、それがダメなら6股しろ。

擁護してるのは、後ろ暗いなにかありそうな人物だけだ。全く無関係な妹の不倫を持ち出す岡村は裏でなにしてるのか。
ここで擁護してなかったらなにかバレたときかなり恥ずかしいことになるし、批判したくてもできるはずがない。

今後の影響は?

ダウンタウン浜田のようにCMもやっておらず、出演してる番組もバラエティーだけなら不倫報道もたいして影響ないが、宮迫はCMもあるし、情報番組もやってるから、なにかしらのコメントはしないとならない。

まずは金曜日のフジテレビ『バイキング』での対応が注目される。

坂上にいじられる→真面目な顔作って「0.02センチの壁は越えてません」とか答えて適当に笑いにして終わらせる程度だろう。

あとはまだ公表されていない24時間テレビのマラソンランナーにも使えそうなネタだ。
ベッキーと共に不倫みそぎタスキリレーとかおもしろそうではある。

しかし、文春って完全に不倫専門誌になっちゃったな。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする