ミニストップさん、無断駐車対策がSNSで拡散された結果

東京都府中市のコンビニ、ミニストップでされた、自らの店舗駐車場への無断駐車に対する抑止対策が話題だ。
それはコンビニ関係者が用意した車にあえてタイヤロックし「はずしてほしかったら4万ください」などという貼り紙をするというもの。

だが、それを目撃した人間によりツイッターにその画像が投稿され、拡散、ミニストップ本部のお客様センターに不快であるとの批判が殺到することとなった。

ミニストップの本社広報によると、店員が今月4日、「ミニストップご利用者以外駐車禁止」と書いたコーンを自らの車に乗せ、さらに、後輪をロックした上で「はずしてほしかったら4万円ください」などと書いた貼り紙を貼ったとのこと。

以前から度々無断での駐車に悩んでおり、警備を雇うなどしていたが、効果がないため、今回の新たな対策として行ったという。

店側は批判を受け現在は問題の車を撤去している。

ミニストップ問題の車画像

確かに過激ではあるが、これは本当に違法駐車に対する私刑を課したわけではなく、店員自身の車を利用したアピールであるとのことだ。
 
つまり、いわゆる馬鹿ッターが勘違いで騒いで投稿、それをみた人々みんなが騙されたって構図だ。

月極駐車場によくある、無断駐車を発見したら金三万円いただきます、っていう看板と同じ。今回はそれを、看板ではなく自分の車に掲示して、罰金としたのが間違いだった。
あと、やったのがたまたま大手コンビニだったため、お客様センターがあったから勘違いした人間のクレームが集中してしまったわけで、撤去しなくてもよかった。

ちなみにくら寿司

三万円でも四万円でも百万でも請求するのは別に違法でもなくて、相手が納得して払うか払わないかだからな。裁判になれば常識的な金額しかとれないけど。

しかしこのSNSですぐ拡散されてなんでもかんでもクレームになる今の風潮は怖いな。
被害者であってもやり方次第では叩かれてしまうという教訓だわ、、

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする