みなおか・めちゃイケ終了の真相は、ホモオダ騒動と極楽山本圭一の復帰が原因か?

フジテレビの看板番組みっつのうち二つ。
毎週木曜9時のとんねるずの「みなさんのおかげでした」通称みなおか、毎週土曜夜8時「めちゃ×2イケてるッ!」通称めちゃいけの2番組がとうとう来年3月に終了となることがわかった。

この2番組はずいぶん前から視聴率の低迷がささやかれており、そのたびにこういった話がわいていたが、今回ばかりはヤフーのトップにもあげられたニュースになったので間違いないだろう。

めちゃいけは番組放送してから22年。みなおかは前身の「みなさんのおかげでした」から数えると実に30年の歴史にに幕を下ろすことになる。
この2大バラエティ番組の終焉は「笑っていいとも」や「SMAP×SMAP」の終了と同等レベルの衝撃だ。

「バラエティーのフジ」をけん引する存在だった2番組。「みなおか」は人気キャラクターや名物コーナーを送り出した。番組から生まれたユニットがNHK紅白歌合戦に出場するなど、局の枠を超えてブームをつくり、90年代には平均視聴率20%を超え「オバケ番組」と呼ばれた。「めちゃイケ」は斬新なコントや体を張った企画で若者のハートをキャッチ。04年10月には歴代最高となる視聴率33・2%を記録した。

そんな国民的2番組がなぜ来年3月に終了するのか。
ともに近年は視聴率争いで苦戦し、5%台に落ち込むこともあり、改編期になると終了がささやかれていた。
もちろん視聴率の低迷が大きな問題でもあったが、めちゃイケではかつて、少女に対する性的暴行で問題をおこした山本圭一を復帰させたこと、そしてみなおかでは今年おきたLGBT問題。ホモオダ問題が番組を終了させることになった原因でないだろうか。

かつては12年連続で視聴率3冠王を獲得したフジテレビも、ナイナイ岡村の「嫌なら見るな」発言も相まって、視聴率は低下、業績不振も続いていた中、今年の6月には先代亀山社長から、今の宮内社長にかわり、大きな改革が迫られていたところだった。

「めちゃイケ」は11月4日の番組内で終了を発表するとみられる。
番組の終了発表は約3カ月前が通例だが、約半年前に発表することになる。
「みなおか」も近く発表することになりそうで、関係者は「残り半年を盛り上げていきたい」と説明している。

「めちゃイケ」に関しては三中をはじめとする新メンバーを追加した頃からオワコン臭がひどかったが、「みなおか」は確かに今の若い世代、「ゆとり」と称される世代には嫌われているようだが、あの世代に嫌われたとしても、所詮は金がない層だから問題ないのではないだろうか。
30代後半から40代の金を持ってる一定の層には、とんねるずは支持されているので、視聴率は悪くとも終わらせることはないと思うが。

しかしこれでとんねるずのレギュラーはゼロになってしまう。
単発であるスポーツ王は俺だくらいしか彼らを見ることができなくなるは寂しいところだ。

ところで、冒頭フジテレビ看板番組のみっつと書いたが、あとひとつは何か?

もちろんサザエさんだ。
こちらも長年提供スポンサーを務めていた東芝がスポンサーを降りることを示唆しており、波紋を呼んでいる。

フジテレビが大きく変わる時期に来ているのかもしれない。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする