強豪サッカー部不祥事!明徳義塾のサッカー部員が一万円を奪う強盗をしてしまう

高校野球で有名なあの明徳義塾高校で事件があった。
それはサッカー部に所属する1年生の男子生徒2人が、同校の寮に侵入し、現金を奪って21歳の留学生にけがをさせたとして、強盗致傷容疑などで逮捕されていたというものだ。

明徳義塾中学・高等学校(めいとくぎじゅくちゅうがく・こうとうがっこう)

高知県にある私立中学校・高等学校である。中高一貫教育を実施しており、須崎市に堂ノ浦キャンパス(本校)、土佐市に竜国際キャンパスがある。※ウィキペディアより転載

徳島県警須崎署と明徳義塾高校の発表によると、2人は26日午前5時頃に同校内にある寮の一室に侵入。1万円を盗んだ際、その物音に気付いた留学生の男性を殴るなどして頭などに1週間のけがをさせた疑い。
2人は逃げたが、被害を受けた男性が学校に届け、駆け付けた同署員に対して強盗の容疑を認めたとのこと。

同校サッカー部は全国高校サッカー選手権大会に7回出場している私立の強豪。
今年も同大会の県大会でベスト8まで勝ち進んでいる。

明徳義塾高校のサッカー部といえば、2015年にもこんな事件もあった。

元明徳義塾高サッカー部生徒、いじめを受けて転校を余儀なくされたとして賠償求め提訴

明徳義塾高のサッカー部で、いじめを受けて転校を余儀なくさせられたとして、高知市の私立高1年の男子生徒と父親が、当時の同級生2人とその保護者、学校側に計約210万円の損害賠償を求め、神戸地裁に提訴したという事件だ。

訴状は、男子生徒が同校に入学してから、授業中に発言しようとした際にサッカー部の同級生2人を含む生徒から「キモイ」「死ね」などの暴言を言われたり、部活動中には蹴られるなどの暴力を受けたり、またサッカー部の監督も含めた部員らから中傷されたことが原因でその男子生徒は部活に参加できなくなり、転校せざるをえなくなったというもの。

学校側は、男子生徒の父親からの訴えで事情を把握。昨年10月にサッカー部員10人を訓戒処分とし、翌月に男子生徒に謝罪するも、いじめの中心となった同級生2人は十分な謝罪の意思を示さず、うち1人は男子生徒が転校後もSNSなどで中傷を繰り返していたとしている。

・・・他にも思い出されるのは野球部で喫煙と暴力事件が原因で甲子園出場を辞退した件もあったな。

こういったマンモス高校であればいろんな人間が集まるし、残念だけどこういう事件がおきるのも仕方ないのかな。

ところで明徳義塾ってすごいところにあるんだな・・

須崎市にあるんだなあ、須崎といえば、日本各地のご当地ラーメンを食べつくしたと自負する自分が日本で一番うまいラーメンと評価する、鍋焼きラーメン発祥の地だ。
事件には全く関係ないけど、鍋焼きラーメンについてはこちらで紹介している。

トップ画においてあるのがその鍋焼きラーメンだ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする