【文春記事まとめ】松居一代さんの暴力暴言が記事に・・【船越氏不倫問題】

松居一代さんのブログから船越英一郎氏の不倫問題まで暴露されたこの問題。
本日7月6日に発売された週刊文春には船越氏からの情報に基づく新事実がいくつか載せられていた。
その事実だが、、

文春記事抜粋

・自殺するといいながらも、それを心配する船越をよそにブログを更新し、もし死んでほしくなければ投資信託解約して一億円振り込めと脅迫w

・女性とメールすると携帯を沸騰した鍋に入れて破壊(既出)

・ハンガーで頭を殴りつけ包丁を向けて村越氏を脅す。

・村越氏が椎間板ヘルニアで入院中に馬乗りになり電話をよこせと胸ぐら掴んでベッドに叩きつける(症状悪化)

・頭部が不自然に柔らかくなるほど靴で殴打された船越氏は数ヶ月の入院を余儀なくされる。

・サンダルで殴りつける松居をマネージャーが「頭を止めて下さい」と止めようとすると、松居さんは「刑務所でも何でも入ってやる」といい殴打を続け、間に入ったマネージャーにはさみを振り下ろし、上着を切り裂く。

・船越の父である英二氏が亡くなると電話で「やっとくたばったか、クソじじい。バチが当たったんだ、ざまぁみろ」と言う

・2010年にうつ病をわずらっていた船越の妹が自殺すると「アイツは私にたてついていたから、呪い殺してやった」と言う

・川島なお美がなくなったとき船越との過去の交際を暴露した。(このとき世間から非難の声があがった)
船越がやめるように言うと「死んだ女がどうなろうと自分には関係ない。本が売れればいいのよ」と言い放つ。

・松居は船越になんの相談もなく船越の所属事務所に離婚会見をするとのファックスを送信。結局会見はしなかったが、船越サイドは関係各所へ奔走させられる羽目になる。(船越氏は松居さんと夫婦関係にある限り、マネジメントできないと通告を受ける)

以上が文春に載せられたざっくりとした内容だ。
これが全て事実なのかは確証はないが、以下に現時点までに判明している松居一代さんについて、羅列する。

松居一代さんのエピソード

・素手で便器を掃除した後で飯を作る、流し台のゴミ用の網を「毎日、きれいに洗ってるから大丈夫」と言い張って蕎麦やうどんの濾し網として使う。

・船越英一郎が若い頃から大事にしてた出演作の台本をぶった切って捨てる。

・船越氏の唯一の趣味だったオーディオルームのケーブルを切って壊してやったと自慢する。

・自分は豪邸に住んでるのに松居の両親はボロボロのトタンの家にすんでいる。

・船越英一郎が若い頃に付き合った川島なお美がなくなったとき大喜びで自分のブログでたたきまくる。(既出)

こんなとこだが、真相は第三者には永遠にわからないだろう。

なので情報から判断するしかないわけだ。
ここまでだとただ松居さんのサイコパスぶりばかりが前面に出ているが、それは船越氏が有利な条件で離婚するために松居さんを下げる記事を文春に書かせているという可能性も否めない。

早く逃げろ!船越!

これで四連続松居さんについての記事をブログにあげてしまった・・

次は松居さんのこの記事に対しての反論が期待されるところだ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする