ホームと電車に挟まれた人を救助する人々

小田急線の代々木上原にて、先月8月5日、突然、線路に頭を投げ出す形で33歳の女性が意識を失って倒れ、そこに電車が入ってきたという事故がおきた。

まさに、絶体絶命のピンチだったが、彼女を救ったのは、その場に居合わせた駅員と乗客およそ50人。

その場にいた全員が電車を手で押し、ホームと電車の間に隙間を作ったのだ。

みんなで電車を押したら少し隙間が開いたので、ホーム上に女性を引っ張り上げた。と当時現場に居合わせた女性は語った。

また、電車の中でも人が挟まれているから、ホームとは反対側に集まろうという動きになり、外から押すのと車内の乗客も片側に寄ったことで、何とか車体が傾いたという。

大勢の人々の協力で隙間から救出された女性はその後、心臓マッサージが行われ、無事回復した。

この救出劇に、渋谷消防署は応急救護に当たった看護士、また小田急電鉄の代々木上原駅に感謝状を贈った。

京浜東北線でも以前同じような救出劇があったな。

その一方、埼京線では駅員ひとりで余裕だった。

さすが、埼京線の駅員。最強かな・・

自分も昔同じ現場に遭遇したことがあるから、なんか他人事とは思えなかった件でした。
まあ、自分はホームに落ちた方なんだけどね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする