社会科授業の模擬投票で幸福実現党が無効にされてしまう

選挙権の年齢が引き下げられたこともあり、政治への関心を持ってもらうためか、学校教育の場においても「模擬投票」が実施されているのだが・・

そういったなかで、先頃、とある都内の公立中学校で行われた授業において、ある女子生徒が、既存政党でもある幸福実現党に投票したところ、担当する教員からその投票を無効とされてしまったことが騒動になっている。

学校で行われる模擬投票は、政治の仕組みを理解し、政治参加の意識を高め、民主主義の理解を深めることを狙いとしている。
ただ、学内での選挙活動につながる恐れなどから、政治的公平性を担保することは当然に求められているのだが。

今回問題になっている授業は、教員が、8つの政党の政策を示したプリントを配り、各政党の政策資料を読み込ませた後、投票させるというもの。
その女子生徒は、プリントには書かれていないが、自身が支持している理由で幸福実現党に投票。
すると、教員に「プリントに書かれていないから、無効票にした」と注意を受けたという。

女子生徒は、「自分が投票したのに、無効にされて嫌な思いをした」と話す。
保護者も、「中学生に、こんな洗脳をしていいんでしょうか?『正しいものは正しい!』と言う子供に圧力をかけるなんて、許せません」と抗議したという。

今回の衆院選で、幸福実現党は政党として5番目に多い候補者76人を全国に擁立している。


 
広く知られていることだが、宗教団体『幸福の科学』を母体とする政党である。
『創価学会』に対する公明党のようなものだ。

今回の衆院選で政党と呼べるだけ候補者たててるのはこれだけ

自民党
公明党
希望の党
立憲民主党
日本共産党
自由党
社会民主党
日本維新の会
日本のこころ
幸福実現党

日本のこころと自由党は瀕死
幸福実現党は多数の候補者たててやる気十分
さて、候補にあった8つの政党とはどこなんだろうか?

8つの中に書いてないなら無効票で仕方ない気もする。
逆に8つの政党しか記載しなかったのが問題。
だが、問題点はもうひとつある。

この生徒、親に洗脳されてるのでは?

いずれにせよ、学校側が駄目だったな。
実在しない政党を用いて模擬選挙するべき。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする