茨城県アパート火災殺人事件、犯人父親の評判とそのご尊顔

10月6日の早朝、茨城県日立市の県営住宅の一室で火事があり、この部屋に住んでいたと見られる子ども5人と女性1人の合わせて6人が死亡しているのが発見された。

警察は女性の夫である小松博文を殺人の容疑で逮捕。この男性が家族を殺害した上、放火したとして調べている。

警察の発表によると、亡くなったのは女性1人と女の子1人、それに男の子4人の合計6人だということ。
この家は3歳から11歳までの合計5人の子どもとその両親の7人が居住する世帯だった。

警察のその後の調べては、亡くなった女の子の体には複数の切り傷や刺し傷があったことから、夫博文が、女の子を刺殺したとして、殺人の疑いで逮捕、博文はその容疑を認めた上、他の5人についての殺害もほのめかしているという。

容疑者の男について

近所に住む男性の話では、この一家は数年前に転居してきた。
父親である博文は中古車を頻繁に購入、平日も車をいじっており、仕事はしていない様子だった。一年間で10台程の車は乗り換えていたということだ。

また、度々駐車場料金を滞納し、封鎖されていたが、重りをどかして勝手に使用していたという。

恵さんの元同僚が恵さんから聞いた話では、「生活には困窮しており、父親が勝手に子供のおもちゃやゲーム機などを売りに出して小遣いにしていた。」とのこと。

博文をよく知る人談「あいつは足に入れ墨、肩に入れ墨。いつもぷらぷらしてるような男だ。」

恵さんの友人の証言「2人は10年前ネットで知り合って付き合い始める(長女は既にいた)交際中に長男次男が生まれ、三男四男(双子)ができてやっと結婚。(金銭的に困窮してたので周囲は反対した)周囲に数万円の借金を頼んで回っていた」

恵さんの人生

22歳で長女夢妃出産
出産まもなくネットで知り合った博文と交際
25歳の時に未婚のまま長男幸虎出産
27歳の時に未婚のまま次男龍煌出産
30歳の時に未婚のまま三男頼瑠 四男澪瑠出産
三男四男出産を期に博文を婿養子として結婚
33歳の時に夫に子供5人と共に焼き殺される

なんという壮絶な人生・・

亡くなった6人の遺体にはいずれも刺されたような傷があり、血だらけの状態で発見されたということ。
現在警察では犯人の男から詳しい動機を調べている。

犯人のご尊顔

この容疑者の男が死刑になるのは当然だが、ただの死刑では生ぬるい。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする