目の不自由な男性が自身の盲導犬を蹴っている動画がSNSで拡散された結果・・

埼玉県の和光駅のホームでリードを持った男性が盲導犬と思われる犬の頭部を蹴りあげるという動画が撮影され、それがSNSで拡散されている。

撮影された日時はわからないが、この動画は10月10日にツィッターに投稿されて以降、現在では3万近くのリツイートされ、そのリプライ件数も500件を超える勢いになり、当然のことながら、このリードをひくおそらく目の不自由な方であろう人物への批判が集まるとともに、盲導犬を一刻も早く保護すべくということで、盲導犬関連の団体へ通報する動きも相次いだ。

その結果、全国盲導犬施設連合会が加盟する団体が、厳重な対処をするとの声明文を発表した。

全国には11の盲導犬育成団体があるが、同団体の加盟会員には当該盲導犬使用者はいなかったものの、加盟外の団体にも調査を依頼した。

調査した結果、加盟外の団体から該当者がいることが、10月11日に判明した。
当該盲導犬を輩出した団体は緊急にその人物と面談をおこない、事実関係を確認するとともに本人に対し注意し、厳重な処罰をすると告知したとのことだった。

最終的には、本動画をもとに事実関係の調査を行っていた動物保護団体「RJAV被災動物ネットワーク」は、盲導犬の輩出団体から「盲導犬は虐待していたユーザーから引き揚げた。今後も同人物には盲導犬を提供しない」と連絡を受けたことを同団体のページ上で報告した。

盲導犬を蹴る問題の動画

この類のニュースが出るときはたいてい他人が蹴っているものだが、今回は使用者自身が蹴っていたという珍しいケースだ。
しかもこの動画が撮影されたということは、この動画内では一度しか蹴っているシーンはないが、少なくともその前後では何度も蹴っていたことだろう。でなければ第三者が撮影してSNSにあげようという気にもなるまい。

撮影者がなんで動画を撮り始めたかというと犬を無理やり引っ張りあげて前足を浮かせたりして苦しめてたらしい。

それを繰り返し5、6回程やってたからコイツはおかしいとなって撮り始めたら蹴りがあったってことだ。

ということは日常的にこの虐待行為は行われていたことは確実だ。

当たり前のことだが、いくら目が不自由だからといって何をしてもいいわけではない。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする