【悲報】北朝鮮のミサイルが日本にもたらした二次被害の真実とは

本日の午前6時頃、北朝鮮が弾道ミサイル1発を発射した。その二分後にはJアラートが発動し、さらにその2分後に日本の遥か上空の550キロを発射されたミサイルが通過、そのさらに2分後には日本から遥か1,180キロ離れた東方の太平洋に着弾した。

北朝鮮はロシア、韓国の領土も通らないように、、、、できる限り日本本土の上空も避けつつ、

当然、日本国内の航空機の運航にも配慮しつつ、、

慎重にミサイルを発射し、近隣諸国には迷惑がかからない、日本にもまったく関係ない太平洋上に落下させた。

これを受けアメリカも、、「今回の北朝鮮のミサイルは、北米への脅威を与えるものではない」との声明を発表している。

日本国内においても、多少の電車の遅延が発生した程度で、特に被害がないものとは思われていたが、実際にはとんでもないことがおきていた。

けものフレンズ最終回が台無し

けものフレンズといえば、一般にも認知されている、今年2017年1月からテレビ東京の深夜に放送されていた大ヒットアニメである。
それがこの子供たちに夏休みにあわせて、深夜から朝7時半の枠に移動し再放送されていたのである。
それに水を差すことになるとは。
録画してるファンだってたくさんいただろうに。
できるだけ日本にも迷惑をかけないよう配慮してミサイルを発射した金総書記の親切が水の泡だ。

ホリエモンこと、堀江貴文氏も「マジでこんなんで起こすなクソ。こんなんで一々出すシステムを入れるクソ政府くだらないことで」とご立腹だったが、まさにその通り。

日本とは全然関係ないとこに落ちてるんだから騒ぎすぎなんだよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする