ZIP司会の川島海荷(かわしまうみか)にTBS局員との手つなぎ不倫報道

北乃きいの後任として、昨年の10月から日テレの朝の顔として「ZIP」の司会に起用された女優の川島海荷さん(23)のスキャンダルが10月3日に発売された写真週刊フラッシュにより報道された。お相手はTBS局員で既婚者ということから、また不倫騒動に発展するのか・・?

フラッシュに掲載された川島さんの記事まとめ

川島さんは「ZIP」の司会を務めている関係上、平日の早朝午前3時半には自宅をでて、生放送の終了後には他の仕事に向かう毎日で、唯一フリーになれる時間が金曜日の夜だけだという。

その金曜日の夜に川島さんはTBSの40代の男性と二人きりでお酒を飲んでいたとのこと。
男性は、局内でドラマの仕事をメインに担当し、人気ドラマのプロデューサーも務めていたり、芸能事務所との関係も深く業界では力のある人物であるという。

川島さんとその男性は約3時間ほど一緒にすごし、店を出た後、二人は自然と手をつないで歩き出したという。

手つなぎ写真

その後、二人は別の店に入店、他の芸能関係者らと合流、約1時間半後に解散し、川島さんは一人でタクシーに乗って帰ったということだ。

フラッシュが川島さんについて後日行った取材

・男性については、、、

「ドラマでご一緒させてもらってから、たまに相談に乗ってもらったりとか」と答え、

・なぜ手を繋いでいたのか??

「あぁ…。ちょっと私が酔っ払っていて、フラフラだったんです。」と釈明し、

・男性と交際しているのか??

「全くそういうのではないですね」とキッパリ否定。

TBSの広報部はフラッシュの取材に対し・・

「打ち合わせなどでお会いしたと聞いています」
「男性は、川島が兄のように慕っている人。恋愛関係ではない」と答え、その男性は既婚者で2013年に放送されたドラマ『ぴんとこな』などで川島さんとは関わっていたと回答した。

ちなみに、『ぴんとこな』でプロデューサーを務めていたのは、TBSのドラマ制作部所属の高橋正尚さん(1975年生まれ)という方である。

川島さんは『レプロエンタテインメント』に所属している。
レプロといえば、以前ハイスタの横山健との不倫スキャンダルをもみ消されたモデル兼タレントのマギーさんが思い出される。

ところで、、、

川島出演作
誰よりもママを愛す
99年の愛
ぴんとこな

お相手男性高橋氏担当作品
誰よりもママを愛す
99年の愛
ぴんとこな

うーん、プンプン匂いますなあ・・・

しかし、レプロだと、これは間違いなく、他紙は後追いしないだろう。
テレビも総スルーで、この件はここで終わりだと思われる。
当然ZIPの降板もないでしょう。

これもマギーの一件と同様になかったことにされるのかな。

ZIPメンバーに次々起こる不幸

鈴木杏樹さん→旦那と死別
山口達也さん→離婚
田中直樹さん→離婚
マキダイさん→北海道でのコンサートに向かう移動中に大事故
原田泰造さん→すぐクビになる
川島海荷さん→テレビマンとの不倫がバレる

原田泰造は自己責任か・・・

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする