亀田興毅のAmebaTVでの全試合回顧。元総長ユウタ強かった。

元3階級王者の亀田興毅氏が今日、7日、アメーバTVで「亀田興毅に勝ったら1000万!」という企画で久々にボクシングをしていた。
その相手役は一般からの公募で選ばれた挑戦者4人とで、それぞれ3分づつの3ラウンドという形式だった。
一人目はホスト、二人目はユーチューバー、三人目は高校教師で、最後の四人目は暴走族の元総長?とかいう肩書きで挑戦してた上半身刺青の男だった。

亀田選手のことは現役時代から好きだったので今回のイベントもネットのライブ映像をみていた。
いきなりアメーバTVのサーバーがとんでしまったので、途中からユーチューブの生配信で。

全試合の感想をいうとすれば、まず一人目のホストはちょっとまともに練習してんのか?というくらいグダグダだった。フォームもガタガタだし、あれで元チャンプに挑むってのも無謀というか失礼じゃないかと思うくらい。
案の定亀田選手がちょっと力入れたボディー入れたら、悶絶させられて、ストップかかったあと殴られて吹っ飛んでたのに笑ったww

二人目のユーチューバージョー君はこれもまたパンチが軽すぎて話にならなかった。途中ダウンしたとき観客から「立つんだジョー!!」とつっこみが入ったのは笑った。

三人目の高校教師はこれはただ力まかせにぶんぶん腕を振り回してるだけの茶番だった。途中お涙頂戴というか、観戦してた客で泣いてたやつがいて、何度もそいつがフレームインしてたが、あいつはなんだったんだ、この教師の関係者だと思うが、最後まで関連性がわからなかった。説明はなかったような気がするが・・。

唯一四人目の元総長ユウタはなかなか善戦してた。亀田選手が疲れてたせいなのか、いいボディー何回か入ったのに倒れず、三分3ラウンドを通しで戦ってたし。
ヘッドギアなしの試合用のグローブであればそれは当然KOされてただろうけど、元チャンピオン相手に3ラウンド動ける根性は素人なのにすごいな、と思ってたら、どうやら総合格闘技で何回か試合経験もあるらしく、まったくの素人ではないようだ。

全試合通してみたが、亀田選手はまったく本気ではないように感じた。賛否両論あるが、三階級世界チャンピオンになった経歴の持ち主だし素人が相手になるわけではないのは当たり前なのに、あのヘッドギアはなんなんだ?安全配慮かもしれないが、どちらからというと亀田選手のヘッドギアのほうが挑戦者たちのより厚みがあり防御力が高そうな見た目だったが。
身長体重差の面で亀田選手に不利があるのでヘッドギアの仕様がああなったのだろうか。
視聴者目線での試合を見た感じでは亀田選手はヘッドギアなんか着けなくても普通に勝てるように思えたけど。

いずれにせよ、四人とも元世界チャンピオン相手に手が出せるって時点でよくがんばってたと思う。
普通怖くてできないよ。

率直な感想だが、普通におもしろかったし、なにより引退してて、その上、地上波での放送をしてたわけでもないのにこれだけ話題になるってのはさすが亀田だわ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする