格差は広がるばかりである

私はサラリーマンで、勤務先は世間では大手といわれる上場会社だ。
日本の全事業者の中での平均年収ではトップ30位には入っている。
多分名前を聞いて知らないという人は少ないであろう会社なので、人に勤め先の話をすると
いいところにお勤めですね。っていう反応が返ってくる。

しかしながら、そんなにたくさんもらっていないのが実態だ。
中小零細の社員とかと比べたらもらっているかもしれないが、実際のところ、え、そんなもんなんだ。
という程度しかもらっていない。
平均年収は一千万を超えている会社であるのにかかわらずだ。
で、思ったがこれって日本の縮図なんじゃないかと。
日経平均株価も今は二万円近く、景気は回復基調にあるとはいわれてるが、
下層市民の生活力はあがっていない。
つまりただ単に一部の上層市民の所得がさらに増大しただけなんだ。
で、それはどこからきているかというと、下層から搾取しているわけで、
つまるところ、さらに格差が広がっているだけだ。
総中流時代なんて言われてた頃も昔はあったんだけどなあ。
ちなみに何故自分が今の会社にいながら、その恩恵に与れていないかというと、
その解は単純で、中途入社だからなんです。
中途ってのはある程度までしか保障されず、結局は外様なんです。
任される責任もある程度まで。それはそれなり会社ならどこでもそうなんじゃないかな。
外様にはノーチャンス。
民間のホワイトな企業では、新卒で入社し順当に歩んできた人間しか上にはいけない。
なので、一度ドロップアウトしたらもう起業するか、ブラック企業に入ってがむしゃらにやるか。
それでなければもう上にはいけない。
だが私は今の現状を選んでいる。
ノーストレスである程度の収入が保障されるという今の地位も悪くはないかな。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする