毎日新聞の捏造報道?懐風館(かいふうかん)高校の髪色騒動。SNSに投稿される真相。

頭髪が生まれつき茶色いのに、学校から黒く染めるよう強要され精神的苦痛を受けたとして、大阪府羽曳野市の府立懐風館(かいふうかん)高校3年の女子生徒が約220万円の損害賠償を府に求める訴えを大阪地裁に起こしたという毎日新聞による報道について、同校の在校生や卒業生により、毎日新聞の報道とは異なる事実がツイッターを中心に投稿されている。

裁判の訴状によると、生徒は2015年4月に入学。中学時代に黒染めを強要されて嫌な思いをしたため、母親は「高校では同じことがないよう配慮してほしい」と伝えていたという。

しかし、学校側は生徒の入学後、再三にわたり黒染めを指導し、度重なる毛染めにより、当該生徒の頭皮はかぶれ、髪はぼろぼろになった。

また、教諭からは「母子家庭だから茶髪にしているのか」と中傷されたり、文化祭や修学旅行には茶髪を理由に参加させてもらえなかったとのこと。

生徒は昨年9月、教諭から「黒染めしないなら学校に来る必要はない」と言われ、それ以降は登校していない。
同校は既に、生徒の名前を名簿から削除。他の生徒や保護者には、退学したと虚偽の説明をしているという。

地毛登録制度

複数の大阪府立高校では、頭髪が生まれつき茶色い生徒に誤った指導をしないように、「地毛登録」と称する制度を導入している。
登録自体を問題視する声もあるが、府教委は「導入は各校に任せており、実態は把握していない」としている。

東京都でも、都立高校の一部が「地毛証明書」を提出させ、頭髪の色が生まれつきかどうかを確認している。幼少期の写真を求める学校もあるという。

訴訟を起こした女子生徒の母親は入学時、「地毛登録制度があるなら申請したい」と訴えたが、懐風館高校は導入していなかった。とのこと。

同校は「たとえ金髪の外国人留学生でも規則で黒染めさせることになる」と説明しているというが・・

ツイッターにはこの毎日新聞の記事に異論をとなえる多数の投稿が。

10月27日に裁判の第1回口頭弁論があり、府側は請求棄却を求めた。

生徒は昨年9月から不登校になっており、「指導の名の下に行われたいじめだ」と訴えているというが、真実は裁判の中で明らかになることだろう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする