ギャンブル依存症との戦い。その②【馬券を買えない三日間開催編。】

今週は3月20日が祭日で、21日、22日と三連休。
競馬は三日間も開催する週末だ。

競馬・・・

個人的にはもっともおそろしいギャンブルだと思っている。
なぜなら、、パチンコスロットなどと違い、青天井だからだ。
賭け額が大きくなればなるほど、勝利を得たときの興奮はでかい。

しかし言ったように青天井である以上、自分自身をコントロールできなければ、あっという間に破綻する。

私の勤め先でのエピソード。

私がいた部署におそらく競馬狂の人がいた。
ポジション的には、部長的な立場の人だが、がっつりはまっていたそうだ。
そうだ。というのは後から知ったことで、本人に聞いたわけではないからなのだが、彼は情報屋から予想を買うくらいはまっていたそうだ。

後からというのは本人は今は辞めているのだ。
結果的に競馬で破綻してしまい、やめたのだろう。
そりゃあ、もう、借金の取立てがすごかった。
まあ、普通のとこじゃないような、その業者の取り立てタイム突入すると、部内のあちらこちらの電話がなりやまないわけだ。
「○○を出せ!!いるのわかってんだぞ!」

こんなのは普通じゃない。
それ以外にも会社のメール係から聞いた話だが、彼宛に競馬の予想会社から多数の宣伝DMが、毎週どっさりきていたそうな。

この部長さんは、おそらく年収は二千万はあったであろう立場の人なわけだが、そんなひとだって、競馬にはまるとあっさり破綻する。
上述したように青天井だからだ。
それだけ競馬はおそろしい、覚せい剤のようなもんだといっても過言ではない。

私もひとのこと言えるような身分でもなく、競馬にもちゃんとはまっている。
予想会社に大金を払うまではいかないが、ウェブの予想屋の数百円の予想を買っちゃったりしたことも何度もある。
あるときは6から7レースの予想を2万支払って買ったことも。(それは全部はずれた。)

そんな私も、この今日からの三日開催期間はたぶん数年ぶりか、競馬はじめてからは始めてかもしれないが、一切買わない。
これは自らの意思ではなく、買えないのだ。
まず、馬券を買う方法だが、一般的には二つある。

①ウィンズや競馬場などの現場で投票する。

②PAT口座を開設して電話やネットで投票する。

まず①について。
こちらはいつも浅草のウィンズを利用していたのだが、
(浅草ウィンズについてはこちらで紹介してます。)

今はウィンズが使えない。競馬場も閉鎖し、無観客で競馬は開催されている時期だ。
そう、コロナの問題のおかげだ。

そして、②
パット購入これが厄介であるが、
これをやめる方法はこの記事にも書いたが、完全に停止することができる。
口座をつぶすのだ。

パット口座は解約登録というやり方もあるが、これはすぐ、いとも簡単に解約復活できちゃう。
これでは依存症には効き目がない。
解約しても復活できるなら、我慢できなくて復活させちゃうからだ。

だが、この口座をつぶすという方法は違う。
もう復活できないのだ。
私は競馬でボロ負けするたびに、口座をつぶしては、また別の銀行口座なりでパット口座を作って、また負けて、、作って、、の繰り返しをしてきた。
かれこれ7,8回はこのやり取りをしてきただろう。

今はJRAパットダイレクトを使っている。

JRAパットダイレクトって??

JRA指定のクレジットカードを持っていれば、パソコンから簡単に登録して、馬券を購入できるインターネット投票です。

上記はJRAのホームページから転載してきたものだが、書いてある通り、1カ月5万までしか買えないのだ。
購入する際は、一回百円の購入費用はかかるが、5万までしか買えないという制限がかけられてるから私のような依存症人間にはもってこいのシステムだ。

そして先週この上限に達してしまった。

先月も早々に上限に到達したので、それからはウィンズまで足を運んでいた。
だが、今週はウィンズがやっていない・・・。

「馬券が買えない・・・!!」のだ。

思えば今までこんなことはあっただろうか。記憶にはない。
今週どころか、来週のG1高松宮記念も買えない。

幸か不幸か。不幸か?いや、負けるんだから「幸」だろう。どうせやってたら三日間で5万くらい負けてたんじゃないか??

とにかく、今週末は競馬ができない。

暇だ・・なにしよう、、、パチンコか、、???