淫行から時を経て「火花」出演?のタレントと不倫した板尾【板尾嫁画像あり】

芥川賞を受賞した「ピース」の又吉直樹の純文学作品「火花」の実写化映画監督を務める「板尾創路」
板尾といえば、1994年に18歳未満の少女と淫行をしたとして、青少年健全育成条例違反容疑で逮捕されたことが思い出される。

当時は相手の少女が年齢を偽って関係をしたことや、ダウンタウンの松本の働きかけなどもあって吉本興業をクビにはならず、一時的な謹慎処分で済んだ彼だが、今回は不倫を写真週刊誌フラッシュにスクープされた模様。

以下フラッシュの記事引用

11月上旬のある夜、庶民的なイタリアンレストランに、板尾創路(54)の姿はあった。
この日、板尾は自身が監督を務める映画『火花』のプロモーションを終え、渋谷にやってきたのだ。

板尾の向かいの席に座っているのは、巨乳を武器に活動するグラビアアイドル豊田瀬里奈(27)。

2人は閉店時間の午後11時まで楽しく食事を続け、カラオケ店へ。
1時間後に店を後にすると、向かった先はラブホテル。
ホテルから出てきたのは深夜3時半で、じつに3時間以上の「ご休憩」だった。

後日、本誌は板尾に声をかけたが、何を聞いても終始無言を貫いた。
板尾が所属する吉本興業に問い合わせたが、期日までに回答はなかった。

豊田は「(ホテルでは)映画を観ていただけで、男女の関係は一切ありません」との回答を寄せた。

公開が待たれる注目作をよそに、男の胸中には後悔の火花がむなしく散った。

お相手の豊田瀬里奈

今回の報道を受けての豊田のツイートだと思われるが・・

ラブホで三時間なんて法律上でも黒だよwww
変態紳士さんのつっこみがナイス

まあ、要するにチョイ役の出演者に手を出したわけか。

ところで板尾の嫁

めちゃくちゃ怖そうだけど、、、

吉本って映画に本当に嫌われてるんだな

前回はジミー大西の半生を描いた「ジミー」が小出恵介の淫行で没になったばかり。

今回は又吉直樹の芥川賞受賞作の話題の「火花」が板尾の不倫騒動でケチがついた。

吉本興業は、映画に祟られてるからもう映画を作らんほうがええな。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする