【新潮砲】略奪不倫否定の今井絵理子、橋本市議との時系列まとめ。

今目下炎上中、今井絵理子参院議員だが、「週刊新潮」で報じられた神戸市会議員橋本健氏との不倫疑惑について、「この度は、心から応援してくださっている皆さまには、私の軽率な行動により多大なるご迷惑とご心配をおかけしたことに対しまして、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

橋本氏とは昨年の参院選で今井氏の当選を支援した多くの地方議員のひとりだと説明し、今年に入り仕事をする機会が増え、橋本氏に個人的に好感を持つようになったという。

また、今井氏は、橋本氏から奥さんと離婚協議中だといわれ、交際を求められたが、法律上はまだ妻帯者であるため「“一線を越えてはいけない”と思い、『きちんとけじめをつけてから考えましょう』と申し上げ」たとし、「『週刊新潮』のタイトルにあるような『略奪不倫』ではありません」と釈明した。

一線を越えていない・・・・??ってなんだ??

文化人きどって、講演の原稿を書いてたとか、まだ人様に講演できるようなレベルじゃないと思われるが・・

今井氏橋本氏のこれまでの時系列

※2016年
・1月 ベッキー、育休議員不倫騒動で世間が賑わう。

・2月 自民党が夏の参院選挙の比例代表の新たな候補者として今井の公認を決定。今井、沖縄の中学校時代に同級生だったという男性・Aさんと都内で半同棲中と報じられる

・4月 橋本と今井が出会う。

・7月 今井、参院選に当選。

・8月 橋本、離婚したいと告げ一方的に自宅を出て別居(本人談)

(離婚協議の話し合い3回)

※2017年
・3月 橋本、離婚調停を申し立て。

・5月 今井、半同棲中と言われていた男性と破局、前後して関西圏の政界関係者との噂が浮上。

・6月 橋本、今井に交際を申し込む(本人談)

・7月 手つなぎお泊り不倫発覚。

知り合ったのが昨年4月で、別居が昨年8月となれば、どう考えても今井氏との絡みが原因で別居したとしか思えない。
これを「略奪不倫」といわなければ、なにが「略奪不倫」なんだ?
まさにこれは略奪不倫だろう・・

橋本氏、妻のコメント

きわめてまともなコメントだ。奥さんは松居一代と組んでつべに動画をアップするべきだ。

手つなぎ写真

一線は越えていないっていう表現があいまいだが、手つないでるだけで一線を越えてると考える人もいるだろうし、こんな写真撮られてて、今までの釈明だけでは有権者は納得しないだろう。
仮にも国会議員だ。こんなのはもう議員辞職勧告待ったなしだ。

しかしタレント議員ってのはろくなもんがいないわ。何も起こさずともまともに仕事しないか、仕事できないからなにもしないか。
思いつくところで、有権者のためになってるだろうと思われる元タレントの議員さんてのは、山本太郎と小池ゆりこくらいしかいないな。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする