【週刊新潮】今井絵理子の不倫相手橋本健市議の問題行動も発覚【動画あり】

妻子ある神戸市会議員との不倫問題が報じられている自民党から参議院議員に比例当選した元タレントの今井絵理子氏。
その不倫相手とされる神戸市議である橋本健氏に関しても問題行動が発覚。それは・・

スポンサーリンク



「神戸市会自民党市議団の橋本健市議氏が、今井絵理子参院議員との対談を行い、それを掲載した市政報告を政務活動費で制作し、昨夏の参院選公示前日に配布していたことが26日、分かった。」というもの。

神戸市議団が今回の不倫報道を受け、精査したところ発覚したもの。
市議団は税金で選挙応援をしたものとして、2016年度政活費収支報告書を修正し、印刷費や郵送代など約30万円の返還を申し出たとのことだ。

「神戸市議、政活費で今井絵理子氏“応援” 自民市議団返還へ」と題した記事で、神戸新聞が報じている。

まあ、この市議もまたワキが甘い。市会議員という立場でありながら不貞を働くわけだから、そもそもそういう思慮の浅い人間なのだろう。
これでまた、今井絵里子氏には男を見る目がないことが証明されたわけだ。

『また』というのは、現在は破局しているようだが、以前の彼女の内縁の男は、未成年者を風俗店に使用して、児童福祉法違反、風営法違反で逮捕されているような男だからだ。
今回は不貞行為を働いたとしても、市会議員だし、それよりもマシなのかもしれないが。

ちなみに今回のこの不倫報道について、当人らは否定しているそうだが、ホテルから出てくる様子が撮影されていて、すでに週刊新潮により、40秒程度の短いものだが、YOUTUBEに流されている。

【週刊新潮】元SPEED「今井絵理子」の“略奪不倫”現場

ホテルに三日間泊まっていたそうで、三日間も泊まって男女の関係がありませんなんてさすがに通用するほど甘くない。

でも、三日間って、彼女には聴覚障害をもつ子供がいるはずだが、その子供を置き去りにして不倫するって神経が全く理解できない。それも三日間て。

障害持った子供を置き去りにして不倫出来るって時点で人としての情やモラルってもんは全くないな。
子供がほんと気の毒だ。

調べたところ、彼女の息子は2004年に生まれたってコトなので、もう中学生、、もう中かw
コトの良し悪しはわかる年齢でもある。

聴覚障害があるってことなので、醜聞を耳にすることはないが、目は見えるしわけだしな・・
母親のこの件についてはどう思うのか。

ところで、この件で思わぬとばっちりを食ってるのが外国人タレントのフィフィさんだ。

フィフィさんといえば、その歯に衣着せぬ物言いで、様々なことに苦言をつぶやくことが度々話題になっているが、さっそく今回の件にも言及している。

と発言してはいるが、ちょうど一年前の七月にはこんなツィートを・・・

とコメントしているのを忘れてるのか?

これではただ自民だから擁護してた、ネットにありがちな勝ち馬にのりたいだけの知性がない人間だと思われてしまうぞ。
100歩ゆずって、1年前に今井を支持してすみませんでした。と一言謝ってから話し出すべきだったな。

それはさておき、今井絵理子議員は早くこの問題を収束させるためになんらかの声明を出さないとならない。

今のままだと障害持った子供もダシにして、金のために国会議員になった、政治家としての資質もなければ親としての自覚もない最低な人間だと思われたままだろう。
そんな人間を公認した自民党も当然に責任はあることになる。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする