福井県で教師のいじめにより自殺した生徒、発達障害などと言われる・・

今年の3月14日に福井県池田町の町立池田中学校で中学2年生の男子生徒が校舎から飛び降り自殺した。

教育委員会による第三者調査委員会は15日「男子生徒は担任と副担任から繰り返し厳しい叱責を受け、精神的に追い詰められて自殺に至った」とする報告書を公表した。

報告書には、生徒が逃げ場を失い、追い詰められていく状況が克明につづられていた。自殺したとされる中学2年の男子生徒は、担任や副担任から再三叱責され、周囲に「死にたい」と漏らしていたという。

同教育委員会の教育長や池田中学の校長らは記者会見を開き「亡くなられた生徒さんのご冥福を祈りますとともに、遺族の方々におわび申し上げます」と深々と頭を下げた。

■男子生徒が自殺するまでの経緯

2016年

10月 マラソン大会のあいさつの準備が遅れたことを理由に担任が校門前で大声で怒鳴る。

11月 課題未提出で副担任が問いただす。生徒は土下座しようとする。

2017年

1月か2月ごろ 生徒会の日に職員室の前で担任から「お前辞めてもいいよ」と大声で叱責(しっせき)される。

2月上旬 忘れ物をした生徒を担任が強く叱責。

2月21日 登校を拒否。

3月6日 担任から課題未提出の指導。早退を求める。

3月7日 登校を拒否。「僕だけ強く怒られる」

3月13日 過呼吸を訴える。

3月14日 中学校で自殺。

(調査委員会の報告書から抜粋)

3月14日夜、緊急の保護者会
「学校側は、現時点で、いじめや教師とのトラブルといった報告はない」と発表。

池田中学校の掲示板スレッドでは

・いじめていた主犯格がいる
・先生がいじめているという話があった

との書き込みあり。

10月15日 担任らから厳しい指導を受けた精神的ストレスによる自殺だったとする報告書を公表、謝罪。

10月16日 池田町教委は、専門機関での診察を受けていないため断定できないとしながらも「発達障害の可能性が想定される」との指摘をしたとの報道。

専門家の診断もなしによくもまあ、発達障害などと勝手なこというよ・・・

(※10/22時点で判明した事実まとめ)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント

  1. たらこ より:

    池田中学校が保身に走って言い訳を考えているのなら、生徒が例え発達障害だったとしても、それを言い訳に使うのは逆効果だと思うんですよ。「発達障害の子供を接し方の考慮もせず死に追いやった」と認める方が、「元気で健康な男の子だったのでまさかそんな…」と言い訳するよりヒドイと思うんですよ。なのに専門家の診断もなしに発達障害などと言う。つまり発達障害が言い訳になると思っている。つまり発達障害は子供の問題だと思っている。そして子供に問題があったと匂わせれば言い訳になると思っている。
    ま、学校の先生なんて、会社勤めならペーペーの20代からセンセイ、センセイと言われて人生を終える井の中の蛙の世界ですから、性格も歪むのではありましょうが、先生方って言い訳の仕方も知らないんだなと思いました。