【慰安婦像問題】賞賛される大阪市の吉村市長と情けない下関市の前田市長。

アメリカのサンフランシスコ市で、民間の団体が現地に建てた慰安婦像。
同市のエドウィンリー市長は22日に、慰安婦像を同市の所有として受け入れる決議案に署名した。

これに反対していたサンフランシスコ市と60年もの長きに渡り姉妹都市関係にある大阪市だが、市長の吉村洋文氏は23日、姉妹都市関係を解消する方針を明らかにした。

像は慰安婦を表す女性3人が手をつないだ形で、高さ3メートル。
地元の中国系米国人らの民間団体が今年9月にチャイナタウンに建てた。

慰安婦像画像

碑文には「性奴隷にされた何十万人の女性」「大多数は囚(とら)われの身のまま命を落とした」とあることから、吉村市長が「日本政府の見解と違う」と抗議していた。

これに対してサンフランシスコ市議会は今月14日、像と維持費の寄贈を受け入れる決議案を全会一致で可決。
リー市長が24日までに拒否権を行使しなければ決議案が成立するため、吉村市長は書簡を送り、拒否権の行使を求め、安倍晋三首相も「我が国政府の立場と相いれず極めて遺憾」と述べ、像の受け入れを拒否するよう政府として正式に申し入れをしていたが、最終的にリー市長は決議案に署名したことで、本案を支持する姿勢を明確にした。

サンフランシスコ市のエドウィン・リー(中国名・李孟賢)市長

同市の副市長と代理市長を経て、選挙で選ばれた広東省からの移民だ。補佐役には、市議を2期務めた中国系女性が就いている。
ちなみにサンフランシスコ市議11人の中の3人が中国系、そして1人が韓国系である。
つまり、もう中韓にのっとられた自治体だといっても過言ではない。
ちなみに、カルフォルニア州のサンフランシスコは民主党の場所。つまりトランプと友好関係にある日本とは敵対関係にある。

大阪市とサンフランシスコ市は「似た規模の港町」として1957年に姉妹都市提携を結び、今年10月に提携60周年を迎えていたが、大阪市の吉村市長は23日、「リー市長の行動により姉妹都市の信頼関係は消滅した。姉妹都市解消に向けた内部手続きを行い、12月中には手続きを完了させたい」とのコメントを出した。

おそらく誰もがこの報道を知れば、さっさとこんなとこと姉妹都市関係なんか解消しろって思うだろう。
それを毅然とした態度でざっくりとやってのけた吉村市長は、首長として賞賛されるべき対応をした。

その反面、未だに韓国釜山なんかと姉妹都市関係である下関市。
日本領事館前に慰安婦像を建てられても、事なかれでヘラヘラしてるだけの下関市長前田晋太郎氏。
情けないの一言だ。
彼が市長であることを下関市民は恥ずべきだろう。

そもそも慰安婦ってこれなんでしょ?

まあ、よく知らないけどさ・・・。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする