【動画有】日本代表本田、メキシコパチューカデビュー戦でいきなりゴールを決める

メキシコ1部リーグのチームパチューカに加入した日本代表FW本田が8月22日のホームで、対ベラクルス戦の後半13分から途中出場し、デビューを果たした。
本田は後半11分には右サイドからのクロスをダイビングヘッドで合わすが、惜しくもゴールならず、続いて18分、カウンターからドリブルであがった本田はゴール右角へのシュートを放ちゴールを決めた。

対ベラクルス戦ゴールシーン動画

本田は7月14日に入団し、一ヶ月間はふくらはぎの痛みから別メニューで調整を続けていたが、今月14日から全体練習に参加。入団会見では「攻撃的な中盤の役割を果たすことができれば理想」と語っていた。

3-0から相手が前目にあがっているところへの4点目だが、対戦相手もリーグでは上位にいるチーム。
そこへきて途中出場でのこの見事なゴールでは、本田アンチも納得だろう。
ちなみに、メキシコリーグはどの程度のレベルなのか、IFFHSのランキングによると・・・

1 スペイン
2 イタリア
3 ドイツ
4 アルゼンチン
5 フランス
6 ブラジル
7 イングランド
8 ポルトガル
9 ベルギー
10 ロシア

20 メキシコ

22 韓国

27 サウジ

33 日本

参考:http://iffhs.de/the-strongest-league-in-the-world-2015/

これによるとメキシコは20位。Jリーグに至っては33位。

本田はまだまだ十分Jリーグでも通用するってことは証明された。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする