【みなおか】とんねるず石橋のホモオダホモオが叩かれるつまらない時代

9月28日にフジテレビで放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」が放送された。
前身の「みなさんのおかげです」から数えて30年目に突入する同番組を、タモリ、笑福亭鶴瓶、ビートたけしらの大物芸能人も出演、祝福した。

そのなかでも、ビートたけし扮する「鬼瓦権造」、木梨憲武の「ノリ子」石橋貴明が扮する「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」といった往年の名物キャラが、銀座で集結し、コント的なやり取りをするコーナーがあったのだが、その「保毛尾田保毛男」が批判され、フジテレビの社長までもが謝罪する事態に発展している。

「保毛尾田保毛男」を端的にいえば、名前の通り、「ホモ」、つまり「ゲイ」をモチーフにしたギャグキャラである。

このキャラが人気を博していたころはそうでもなかったが、現在ではそもそも「ホモ」という単語自体が一般的に男性同性愛者に対する蔑称であるという認識のようであるため、その存在自体をネタにして嘲笑の対象として表現することが問題だという理屈だ。

確かにここ最近、LGBT(性的少数者)に対する考え方もかわり、そういった特殊な人々の権利を保護し尊重していこうというのが今の世のなかの流れではあるが。

SNS上にも批判的な意見もあるようで・・

だが、日本イチのゲイタウンである新宿二丁目にも足しげく通い、懇意にしてもらっているゲイバーのママさんもいて、そういったガチな方々に対しての造詣も深いと自称する自分としての意見だが、そういう批判は似非(エセ)であると断言する。

ガチホモの方々はいちいちそんなことを気にもとめないし、まして侮辱されたなんてことは全く思わないだろう。
そもそも彼らはそんなに懐が浅くないし、一様に堂々としている。
自分がゲイだからって決して自分自身を卑下してることはない。

さらに言えば、昭和生まれでとんねるず世代の自分としては、昨日の「ノリ子」や「保毛尾田保毛男」の登場はノスタルジーを感じさせ、昨日の放送自体も当然のことながら嫌悪感などなく楽しめた。
おそらくこれをみたガチの人々でも共感された人もたくさんいるはずだ。

思うに、わざわざこれについて触れてネットで騒ぎをおこすのは決まって当事者ではない第三者ってのが定番だ。2ちゃんねるとかでよくある、いじめ加害者の個人情報を晒して喜んでいる連中とさして大差ないだろう。
おそらく、炎上しているこの放送すらみていないで言っているんじゃないか?

そして、彼らのそういう、正義感か自己満足のつもりかよくわからないが、身勝手な批判精神が、よけいにそういう少数者が疎まれるような社会を作りだすことになる。

なぜなら、今回の件についてだけに限ったとしても、「せっかくのメモリアル企画にしょーもないいちゃもんつけやがって」と思う人もいるだろうし、それを口に出す人もいるだろう。

性的少数者のこういったことに抗議しても、彼らに対する理解が深まることは有り得ない。逆に隔たりを生むだけだ。
結果として肩身の狭い思いをするのは彼ら自身。

批判している彼らもそんなことは承知しているだろうが、そこからは目を背けている。

ゲイ(ホモ)は弱者か?

障害者や高齢者などと同じく、社会的弱者の立場は保護され尊重すべきだ。
そして少数派、いわゆるマイノリティーも社会的弱者である。

『L(女性同性愛者)、G(男性同性愛者)、B(両性愛者)、T(出生時に診断された性と、自認する性の不一致)』の彼らもマイノリティーではある。

だが少なくともゲイはマイノリティーではあっても、今や弱きものではないと思う。
テレビをみても、どれだけ彼らが活躍していることか。

新宿二丁目でたくさんのゲイピープルと触れ合っているからかもしれないが、最近は特にそう思う。
ちなみに妻の職場でもゲイをカミングアウトしつつ、活躍している同僚がいるそうだ。

だからこそ、今回の件で石橋貴明のネタを叩くのやりすぎだ。今は社会的に認知されつつある彼らの足を逆に引っ張ることになりかねない。

なんでもそうだが、行きすぎはよくない。
「過ぎたるは及ばざるが如し。」だ。

ちなみに僕はノンケだ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする