日野皓正(ヒノテルマサ)中学生殴打事件の真実。動画でわかる文春と新潮報道の違い

今月、8月20日の日曜日。世田谷のパブリックシアターで、トランペット奏者日野皓正氏の公演「日野皓正 presents “Jazz for Kids”」が催され、同氏がその公演中に出演者の中学生の子供に対して、往復ビンタを見舞うという暴力沙汰があった。
その事件について、週刊文春と週刊新潮のライバル誌双方が報じているのだが。

まず、文春報道によると、、、

以下週刊文春報道より転載

このコンサートは世田谷区教育委員会の主催で、区が取り組む「新・才能の芽を育てる体験学習」の一環だ。

「約600人が入る会場はほぼ満席。中学生の演奏が始まると、会場は大いに盛り上がりました。
アンコールの後半、ソロタイムで、舞台の隅にいた日野さんが、ドラムを叩く男の子に歩み寄って体罰を加えた。
私を含め参加者は、あまりに突然のことで何が起こったのか、理解できませんでした」(参加者)

毎年、公募で区内の中学生が集められ、4カ月間、日野氏をはじめとした数名の講師のもとで、練習を積む。
そして8月のコンサートで、その成果を発表する。
日野氏は第1回目から、この中学生バンド「ドリームジャズバンド」の指導にあたっている。

別の参加者はこう困惑する。

「お金を払って観にいったのに、連れて行った自分の子供があんな暴力行為を見せられてしまった。
子供から『あのおじさんは何で子供を叩いているの?』と聞かれましたが、うまく説明できませんでした」

「週刊文春」取材班は、コンサートの模様を撮影した映像を入手。
ドラムを叩く中学生の髪を引っ張り回した後、往復ビンタを浴びせる日野氏の姿を確認している。

世田谷区教育委員会は「週刊文春」の取材に、次のように文書で回答した。

「コンサート終了後、日野氏から、その子どもに話しかけて、子どもも了解していたとの事です。
なお、教育委員会からは、今回の件について委託先の『せたがや文化財団』に、(日野氏の)行過ぎた指導についての対応を要望しました」

現在海外に渡航中という日野氏には、所属事務所の担当マネージャーを通じて取材を申し込んだが、締め切りまでに回答はなかった。
当日会場にいた保坂展人世田谷区区長も期日まで取材に応じることはなかった。

・・・以上が、週刊文春により報じられた内容だ。

日野皓正(ヒノテルマサ)氏という人物

さて、本題に戻るが、文春による報道をみる限り、日野皓正氏が一方的に非があるような書き方である。

もちろん、手を挙げたことについては責められるべきであり、まして、相手は子供である。それは咎められるところは当然だ。だが、この事件の裏側、なぜこのような事態になったのか、その裏側は知りたくはある。日野氏に酌量の余地は一切ないのか?

それについては、文春のライバルでもある『週刊新潮』によりあげられた動画をみれば理解できる。

週刊新潮にあげられた暴行現場の動画

約40秒ほどの動画であるが、この動画を見る限りでは、日野氏が突如として中学生を殴打したということでもなく、ドラムを叩く中学生にもやはり原因はありそうではあるが・・

スポンサーリンク



暴行に至るまでの経緯まとめ

①演奏が終わる。 

②なぜか問題の中学生男子がドラムを叩き続ける。
 
③日野氏が近寄り、スティック奪い、ドラム叩くのやめさせる。

④観客はコミックバンド演出かと笑う。
 
⑤日野氏が戻ろうとするとなぜか男子は手でドラムを叩き続ける。

⑥日野氏、髪の毛を掴んで頭を揺さぶり「帰れ」と腕を振る。

⑦周りを指し示し「みんなのことわかってるのか」など説教。

⑧観客が状況を察してざわめく。
  
⑨ドラムの男子がまだ叩こうとしてもう1回鳴る。
 
⑩日野氏、往復ビンタしてやめさせる。
  
⑪ドラムの中学生男子、にらみ返す。

⑫日野「なんだその顔は」と激オコ。

・・・・という流れだ。

文春の報道だけでは、日野さん、最低だなとしか思えないが、この新潮の動画をみると、ドラムの中学生が想像を超えた行動とっていることもわかる。
さすがにここまでされるとステージがぶち壊しだ。
さしずめ成人式の催しに乱入する荒れた成人と、それを制止しようとする市長のような構図を思い出した。

これでは当然他の出演者の親御さんたちは「止めてくれよあのバカを」と思ったかもしれないし、日野さんも正義感からとっさに手が出てしまったという気持ちもわからなくもない。

ただ、相手はまだ中学生の子供だ。今の時代、あそこまでの暴力であればいささかやり過ぎであることも否めない。それに日野さんがそうした理由があるようにドラム中学生にも何か理由があったのかもしれない。

いや、じゃどっちやねんという話だが。

実はこの事件の動画は新潮だけではなく、文春もYoutubeの公式チャンネルにあげてはいる。ただ文春の動画を見る限り、その一部始終というわけでもなく、日野氏が少年のスティックをとりあげるところまでで動画をカットし、続きは週刊文春デジタルでとしている。

どのような意図があって、週刊文春は日野さんだけを悪者に仕立てあげようとしているのか?
それはこの事件で特に気になるところではある。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント

  1. chika より:

    「文春」いつもながら最低❗何も知らない人は文春の見出しだけ見て判断するだろう。ペンと言う暴力で人々を扇動して良いものだろうか❓意図的に陥れようとする記事を書く記者の人格が疑われるし、その家族が可哀相。週間新潮には当事者の中学生の愚行に至った理由を是非、掲載して欲しかった❗

  2. Hideaki Ando より:

    日野皓正さんのニュースで

    手を挙げるのは暴力だ!・・・と 批判する島田さくら。
    しかし、注意しても悪態を続ける少年に 大人は臆してはならない。
    (怒り)を発しなければ ならない時がある。 公衆の面前であれば 尚の事。
    ※ 少年は 日野氏が叩いてくれたことを 将来 感謝するだろう。

    叱るタイミングを 失してはならない。
    その場にいた大人が 叩くことを ためらった時に、少年は成長のチャンスを逃す。
    大人が怯んでいる事を感じた少年は、行動をエスカレートし、やがて悪事に走る。
    やたらに 暴力反対を説法する弁護士は 人間教育をできないどころか 大人の義務を知らない。

  3. Tamsan より:

    どんな理由があろうと、公衆の面前で殴打行為を行ったことは責められるべきである。
    世田谷区教育委員会も、管理責任を問われるべきであろう。