今井絵理子不倫相手ハシケンこと橋本健の不正会計によるGTR疑惑【逮捕だろ?】

一ヶ月ぶりに公務に復帰した今井絵理子参議院議員だが、その不倫相手と報じられた橋本健・神戸市議に、不倫疑惑に加えて、政務活動費処理にまつわる不正疑惑までもが浮上している。
彼は白のGTRに乗っているのだが、これを政務活動費で購入したのではないかと言われているのだ。

※GTR参考画像


                      

ちなみにGTRの値段は一千万程度。これが事実だとすれば、到底許せない話で、とっとと檻につっこんでもらいたい。

政活活動費といえば、号泣議員ノノタンこと元兵庫県議野々村竜太郎氏や、富山市会議員14人の辞職でも話題になったが、この疑惑が彼にも取りざたされている。彼の場合は、「ハシケン通信」と題した「政策チラシ」をめぐる架空発注疑惑である。

ハシケン通信

橋本市議は、その政策チラシを、約五年間の期間で12回発行、それに720万程度の政務活動費を支払いしたというのだが、その業者が不可解なのだ。
架空発注したとされる業者名は「大森印刷」なる印刷業者だが、それがネットで調べても出てこず、商業登記簿も存在しない。さらにその大森印刷の住所を検索すると「トレンド」という会社なのだが、この会社は車の輸入販売事業者であり、そしてその代表者の名前は小林なる人物だ。
“大森”印刷で、代表者“小林”とは??架空設定にしてもお粗末過ぎるが・・

ちなみにハシケンはこの小林氏とは神戸の青年会議所で出会い、クルマの話で親交を深めた間柄であるという。そうなるとここでもGTRの疑惑がさらに深まるというもの。

以前の別の投稿で彼の醜聞は書いたとおりだが、全く信頼できない人間だ。

今井絵理子参議は全く仕事などできないただの客寄せパンダではあるが、唯一評価できるとしたら、この悪質な地方議員と不倫して、彼をフィーチャリングすることで、この不正を暴いたってことだ。
もっと言えば、間違いなく彼だけではない地方議員の政務活動費不正会計が暴かれる流れになってもらいたい。

こんな700万程度は氷山の一角だろうし、富山市議の政務活動費横領みても、民進党の3人の分だけで5000万もあった。さらにこの問題では14人が辞職したわけだが、そのうち9人がまた立候補して、6人が当選したというから二重の驚きだ。有権者はバカばっかりだ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする