母になる第5話。なう先輩の見せ場、小池は殺人犯だった。

視聴率はだだ下がりらしいが、今回も見てしまった。

第5話の見せ場は、なう先輩だ、泣けたよ、、、

先週逃走をはかったなう先輩とコウ君こと道枝君だが、その理由は自分を捨てた母親を探すためだった。
グーグルマップに彼の母親が写りこんでいたという噂レベルの情報をもとに満喫へコウ君と共にむかったなう先輩。探すための手がかりは、「木更津」「駐車場の前」これだけの情報だけだった。

ひたすら木更津にあるありとあらゆる?駐車場周辺をストリートビューで探索しつつ、やっとのことで母親らしき人間が写りこんでいた場所を特定、保護士役の木野さんことHEYSAYJUMP中島君も含め、その場所へ向かう三人。

該当の駐車場で一日張り込んだ結果、とうとうその母親が現れるが、これがICONIQ演じる最低の母親だった。男と一緒にいた母親は、「何突然おしかけてきてんだよゴルァ!母親がみんな立派な人間だとおもってんじゃねえ!」と一喝して追い払われる一行。

その場で泣き崩れるなう先輩だが、ここまでの行動は、どんな母親だって、自分をうんでくれた母親はこの世にたったひとりしかいなんだよ!というアツい思いをコウ君にぶつけるためだったのだ。
母親にあえたとしてもあえなく返り討ちにされることはわかった上であえてコウ君のために・・・w
帽子のつばを深くかぶって泣き顔を隠すなう先輩に萌えたぜ、、

間違いなくこの作中では最もいいやつ認定した。

なう先輩の粋な計らいの結果、いったんは家出したコウ君だが、晴れて実家に帰ることに。

一方、育ての親、小池が刑務所に入っていた理由が判明した。それは殺人。
予告を見る限りではどうやらコウ君を守るために罪を犯したようなことを言っていたが果たして真相は。

来週からは柏崎オートの経理として同じ職場で生みの親、育ての親が同僚になるというとんでも展開になるのか、、
胸アツだ。

今週のなう先輩のアツい言葉は私の胸にも響きました。
近いうち田舎でほぼ寝たきりになってしまっている我が母にも顔をみせにいこう。
産みの母はこの世にたった一人しかいないんだからね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする